他人の評価が気になって仕方がない時の考え方

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラー®の平井いずみです。

 

他人の評価が、

気になって仕方がない><

 

他人の目を、

どうしても気にしてしまう・・・

 

そういう人って、

とても多いのではないかと感じています。

 

あなたは、どうでしょうか?

 

実は、私も

そういうタイプの人で(-_-;)

 

でも、他人の評価を気にしていると、

本当に自分のやりたいことが、

出来なかったり

本当は言いたいことが、

言えなかったり・・・

 

こうやって、自分に

苦しい思いをさせてしまうことが

とっても多くなる><

 

そして、それが

いつの間にか

習慣になってしまって・・・

 

こうなると、

本当に自分のやりたいことや

言いたいことが

自分でも、

分からなくなってしまっている。

 

そんな可能性すら

有りますよね。

 

きっと、そんな人って、

私だけではなく、

ほんとうにたくさん、

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今日は、

「他人の評価が気になって仕方がない時の考え方」

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

他人の評価が気になる人ってどんな状態?

 

それでは、

他人の評価が気になる人って

どんな状態なのでしょうか?

 

それを、ここから

2つお伝えしていきます。

 

 

他人軸で行動している

 

まず、1つ目は、

他人軸で行動しているです。

 

他人の評価が気になる、

他人の意見が気になる。

 

こういう場合は、

その時々で、

相手の高評価につながる行動を

自分が選ぼうとしている、

ということですよね。

 

ということは、

相手の評価が高い時には

ほめられたり

感謝されたりするので、

自分自身も

心地いい状態でいられます。

 

ところが、

相手の評価が低い時は、

どうでしょうか?

 

評価が低いということは、

相手にとって

こちらの言動が不満だったり、

納得できなかったりしている、

ということ。

 

そうすると、

ネガティブな言葉や態度が

かえって来ることに・・・

 

そして、その自分に向けられた

ネガティブな言動に傷つき、

落ち込んでしまう。

 

その言動が、

トゲのように心に突き刺さり、

自分の中に居座ってしまって

苦しくてたまらない><

 

だから、いつまでも、

嫌な気持ちが抜けず、

不快な気分をひきずってしまう。

 

そのあげくに、

相手から高評価を得られなかった

自分を責めてしまう・・・

 

こうして、自分を

ネガティブ感情の渦の中に

放り込んでしまうのです。

 

 

自分の気持ちをおろそかにする

 

次に、2つ目は、

自分の気持ちをおろそかにするです。

 

私たちが、

他人軸で行動しているということは、

つまり、

自分の気持ちをおろそかにしている

ということですよね。

 

自分の気持ちがどうであれ、

相手が望むことをやる。

 

相手が望むことを言う。

 

では、その時の

自分の気持ちはどこにいってるんでしょうか?

 

もちろん、

その叶わなかった自分の気持ちだって、

消えてなくなるわけではありません。

 

私たちの身体のどこかに、

やっぱり残っているんですね。

 

それが、どんどんどんどん

溜まってしまうと、

どうなると思いますか?

 

ある日突然、ドッカ~ンと、

爆発しちゃうかもしれません。

 

あるいは、

心に溜まった未完了の思いによって、

気持ちがだんだんふさいでしまい、

ある日突然、

訳も分からず涙が流れてくる・・・

 

こんな状態に、

なっていく可能性もあります。

 

もしかしたら、今のあなたも

このような状態に

なっていませんか?

 

【参考記事】

人間関係の悩みを解決する方法

 

 

他人の評価が気になって仕方がない時の考え方

 

それでは、他人の評価が

気になって仕方がないときには、

どのように考えれば良いのでしょうか?

 

この時、しっかりと

押さえておきたいこと。

 

それは、相手の評価は

その人の価値観や考え方が

土台にあることを

しっかり、理解することです。

 

私たちは、それぞれ、

一人ひとりがちがう人生を

歩いてきていますよね。

 

全く同じ道を通ってきた人は、

誰1人いないのです。

 

つまり、全ての人が、

これまで、

自分だけのオンリー1の

独自の道を

歩いてきているということ。

 

ということは、

私たちが自分の中に取り入れている

価値観や考え方、感じ方。

 

そして、

それによって出来上がる

評価の基準は、

その人生の中で積み上げてきた

さまざまな経験や体験によって

人それぞれに

ちがっている可能性がある

ということです。

 

つまり、あなたの言動は

あなたの価値観によって決まるし、

相手の評価も、

相手の価値観に左右されているということ。

 

それが、

同じ時もあれば

ちがう時もある。

 

これって、ある意味

当たり前のことですよね。

 

ということは、

人の数だけ

OKなこともあるし、

人の数だけ

NGなこともあるのです。

 

このように、私たちは、

起きた出来事に対して

過去に体験した時の

自分の記憶と照らし合わせて

「これは失敗だ!イヤだな~」とか

「おっ、うまくいくぞ!ラッキー♪」

などの意味付けを

しているだけということ。

 

それを、しっかり理解しておくと

相手の価値観で判断された評価で

自分が振り回される必要はないことが

分かってきませんか?

 

そうすると、

相手の言動に揺り動かされることが減り、

その分、自分の気持ちを

大切にすることが出来ていく。

 

そうです。

 

私たちは、自分を

大切にしていいのです^^

 

私たちは、自分の気持ちを

大切にしたっていいのです^^

 

特に、私たち女性は、

家族などの、

自分以外の人の世話を焼くことを

社会から期待されて

育ってきています。

 

だからこそ、

もし、あなたが、

そんな他人軸に、

極端に偏り過ぎている。

 

そう感じているとしたら、

自分を大切にすることを

自分に許可してあげてくださいね^^

 

それは、他の誰でもなく

あなた自身が、

自分で決められることなのです(*^^*)

 

このように、

性別というジェンダーの視点で悩みに切り込み、

ものの考え方や価値観を振り返りながら、

行動を変えていくのが

チェンジング・カウンセリング®独自の特徴です。

 

あなたも、あなたの抱えている悩みの解消に、

チェンジング・カウンセリング®を取り入れてみませんか?

 

『チェンジング・カウンセリング®』無料メール講座

『チェンジング・カウンセリング®』料金メニュー

 

【参考記事】

チェンジング・カウンセリング®のカリキュラムの内容とは?

チェンジング・カウンセリング®があなたに必要な理由

チェンジング・カウンセリング®とは何か?その全体像とは?

 

 

いかがでしょうか?

 

今日は、

「他人の評価が気になって仕方がない時の考え方」

というテーマでお伝えしてきました。

 

私たちが、

人の評価を気にしてしまうこと。

 

それには、人それぞれに

さまざまな背景があるはずですね。

 

でも、その中で、

多くの人たちが影響を受けていること。

 

それは、

私たちが子どもの頃から、

繰り返し繰り返し

『評価され続けてきた体験』を、

積み重ねてきたことの影響が

一番強いのではないでしょうか。

 

だったらそこを、

変えていきましょう^^

 

その体験によって、

あなたの中に出来たパターンは、

今のあなたにまだ必要ですか?

 

もう、あなたは、

あの頃の小さな子どもではなく、

しっかり自立した

一人の大人なのです。

 

自分の意志で選択し

何をどのように変えるのかを

あなた自身が

決断できるのです。

 

実は、あなたには、

そのチカラが、

すでにあるのです^^

 

それを思い出し、

今のあなたにとって必要な選択は、

いったいなにかを見極め、

大切な自分の

これからの未来のために

しっかり向き合ってみてくださいね。

 

私も、自分と向き合い、

繰り返し練習を重ねながら

少しずつ、少しずつ

自分を楽にしていくことが

出来ました。

 

気付いただけでは、

何も変わりません。

 

あなたが、もし、今

生き辛さを抱えているのなら・・・

 

それを

自分で持ち続けること。

 

そこから

自分を解放すること。

 

その、どちらでも

あなたは選べるのです。

 

大切なのは、

これから先の自分の人生を

あなたがどのように

生きていきたいか・・・

ということですね(*^^*)

 

あなたが1日も早く、

今、抱えている悩みから解放されることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、今、抱えている悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です