ひきこもりという悩みに有効な『人薬(ひとぐすり)』という処方箋

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

 

このブログを読んでいただいているということは、あなたはひきこもりという悩みをお持ちなのでしょうか。

 

どうしていいか分からず、将来のことを考えると毎日不安な思いをしていらっしゃると思います><

 

辛いですよね・・・

 

実は私にも、今のあなたと同じように、ひきこもりという悩みで苦しんでいた時期がありました。

 

私の場合は、息子の不登校・ひきこもりによる悩み・・・

 

だから、あなたの辛さがよくわかります。

 

あなたの不安も、とてもよくわかります。

 

当時は、未来が全く見えませんでした><

 

でも、息子はひきこもりから脱出し、今では元気に社会人として働いています。

 

そして私自身にも、大きな変化が・・・

 

ひきこもりという悩みから解放されただけではありません。

 

その辛かった悩みをチャンスに変えて、こうしてチェンジングカウンセラーとして活動しています。

 

とは言え、ここまで来るには、本当にいろんな苦しみを乗り越えて来ました。

 

私にそれが出来たのは、さまざまな学びの中で得た新しい考え方を、しっかり取り入れていったことが大きかったのだと思います。

 

実は、前回の記事で『翼ひろげる子』という明橋大二氏の書いた本をご紹介しています。

 

【関連記事】『翼ひろげる子』を読んで思うこと

 

この本の中で、斎藤環氏の著書である『社会的ひきこもり』が、必読文献として紹介されていて。

 

もちろん私は、この本も読んでました。

 

そして、まだ息子が家にひきこもっていた頃、偶然にも斎藤環氏の講演会に参加する機会を得、 “『人薬』という処方箋” が、ひきこもりにも有効ということを知ったのです。

 

そこで今日は、私が悩みの渦の中にいた頃に支えられた考え方の一つである、『人薬(ひとぐすり)』という処方箋についてお伝えします。

 

 

 

ひきこもりという悩みに有効な『人薬』という処方箋とは何か

 

人薬に入る前に・・・^^

 

あなたは、『時薬(ときぐすり)』という言葉を聞いた事はありませんか?

 

例えば、怪我をしたり病気になったりした時、時間の経過と共に良くなっていくことがあります。

 

あるいは、大切な人との死別といった深い悲しみなどにも、時間が薬になるよという言い方をします。

 

このように、時が経つことによって、少しずつその傷が治るとか、その悲しみが癒えるというようなイメージで使われるのが『時薬』ですよね。

 

この、“時薬の場合の『時間』” を、『人』、つまり『人間関係』ととらえるのが、『人薬』です。

 

人間関係が、まさに『薬』としての作用を果たすことがあるということ。

 

そしてこの場合の人間関係とは、主に家族以外の人間関係だそうです。

 

ひきこもりという悩みを持つ人は、自分を大事に思う気持ちがなかなか持てない傾向にある。

 

つまり自己愛が欠落していて、自分が嫌いな人が多い。

 

そこで、その自己愛の欠落や弱さを補強するのが、人薬だそうです。

 

それによって、他者を愛する力を獲得し、自己愛や自信を回復していく。

 

ところが、ずっとひきこもっていると、当然他者との出会いが無いわけです。

 

ということは、家族以外の人間関係を持つことが出来ません。

 

実は、人薬が家族以外の人間関係と聞いて、初めは「えっ~~~~~」と思いました。

 

だって、それじゃ私たち家族には、どうしようもありませんからね><

 

それじゃ、家族の役割って一体何なの?ですよね。

 

あなたは、どう考えますか?

 

家族の役割として斉藤氏が言われたこと。

 

それは、本人の心の支え、外に出ていくための基盤づくりとのことでした。

 

そのために必要なことは、本人に悪い刺激を与えないとか、悪い関わり方をしない。

 

つまり、本人が生活しやすい環境調整をすることが、家族にできることと言われたのです。

 

そして、その先は家族以外の人間関係(人薬)に委ねていく・・・という流れです。

 

家族の中で安心して生活を送り、萎んでしまったエネルギーを貯める。

 

こうしながら、息子は外に出ていく力を貯めていくんだな。

 

そう考えると、何だか少し明るい気持ちになったことを今でも覚えています。

 

さらに次の段階、人薬に移行していける可能性も生まれる。

 

私は、そこに希望を持ったのでした。

 

そして、息子にとって過ごしやすい家の中を作ればいいことを再確認したのです。

 

結果的にそれは、私も含めて家族みんなが過ごしやすい家になるのですから^^

 

 

『人薬』という処方箋の効果

 

それでは、息子にとって人薬は効いたのでしょうか?

 

息子がひきこもりから抜け出していった過程を改めて振り返ってみると、まさにたくさんの人薬に助けられてきています。

 

まずは、ネットゲーム仲間とのつながりや、オフ会。

 

ゲームをしながらも、実は社会人の仲間には「仕事をした方がいいぞ」とアドバイスを受けたりしていたそうです^^

 

【関連記事】ひきこもりだった息子にとってのネットゲーム

 

そして、オフ会から戻ってから始めたバイト先での人間関係。

 

これは、職場で働く人たちだけではなく、常連のお客さんたちとの関係性も、息子にとっては大きな影響があったと思います。

 

当時、息子が教えてくれた話。

 

たとえば、専門学校に行くためにバイトを辞めると言ったら・・・

 

店長に、続けて欲しいと頼まれる。

 

常連さんから「がんばれ」と応援してもらう(*^^*)

 

このように、家族以外の人間関係の中で認められ、大切にされる経験を積み重ねること。

 

それで、息子も少しずつ自分の歩みを進めることができたのだと思います。

 

まさに、『人薬(ひとぐすり)』という処方箋^^

 

そして、いったん歯車が回り始めると、自然とスピードがついていきました。

 

専門学校⇒就職、と息子は自分の選択でどんどん進む道を伸ばしていったのです。

 

息子は、ほぼ家族としか接することのない期間が5年以上ありました。

 

だから、何かを始めるための一歩を踏み出すには、その都度不安はたくさんあったと思います。

 

でも、動くことが出来た(^o^)

 

そして、その一歩を踏み出し続けたことが、現在の息子につながっています。

 

いかがでしょうか?

 

今日は、ひきこもりという悩みに有効な『人薬』という処方箋についてお伝えしてきました。

 

息子が過ごしやすいように環境調整をするということ。

 

それは、親子の関係性を再構築するということでした。

 

つまり息子に対して、私たち親の価値観を押し付けるのではない。

 

息子自身の気持ちや、息子自身の想いを大切にする。

 

そういうことの、積み重ねでもありました。

 

しっかりそこに意識を向けて、私たちは過ごしてきました。

 

私たち親にできるのは、そこまで。

 

そこから先は、『人薬』という処方箋に委ねて・・・

 

息子にとっては、本当にこれが効果的でした。

 

ただ、ひきこもりになっていく背景は、ケースバイケースです。

 

なので、どうするかの判断は難しいかも知れません。

 

でも、あなたが、もしお子さんのひきこもりという悩みで苦しんでいるのなら・・・

 

『人薬』という処方箋を使ってみることも、一つの選択肢になるかも知れませんね。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、ひきこもりという悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です