我が子のひきこもりで悩んでいる私に出来ること

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラー®の平井いずみです。

 

あなたは今、お子さんのひきこもり

という悩みを抱えて苦しんでいるかも知れませんね。

 

そして、そんな状況だと、

多くの母親が子どもを何とかしようと

深い泥沼にはまって抜けられなくなってしまいがち。

 

あなたもこれまで、

お子さんをなんとかして動かせないかと

一生懸命頑張ってきたのではないでしょうか。

 

だけど、お子さんの状況は

なかなか好転しない。

 

どうしよう・・・と思い悩みながらも、

「それなら、私にできることは何かないのか?」

と考え方を切り替え、一歩前進^^

 

今、まさにそんな状態でしょうか?

 

と言うのも、

実際に私がそうだったから。

 

じつは私にも、息子の

不登校・ひきこもりという悩みで

苦しんだ経験があります。

 

息子は、高校1年の夏休み明けから

不登校気味になり、

3学期には全く登校できなくなりました。

 

課題をこなし、

なんとか進級できたものの

2年生でも、最初の数日しか登校できず、

最終的に退学し、5年以上ひきこもり状態が続きました。

 

当時の私にとっては、まさに寝耳に水><

 

あっという間に、

様子が変わっていく息子を見ていると、

ただただ不安しかなく

なにも希望が見えない状況の中、

辛く苦しい日々を送っていました。

 

そして、しまいには

どんなに私ががんばっても

まったく動かない息子に

疲れ切ってしまったのです。

 

でも、今振り返ると、だからこそ私は、

息子に焦点を合てることを止められました。

 

そして、自分に出来ることをやる。

 

そんな生活を送っていると、

いつの間にか息子はひきこもりから抜け出していたのです。

 

そこで今日は、

「我が子のひきこもりで悩んでいる私に出来ること」

というテーマでお伝えしていきます。

 

【参考記事】

ひきこもりの息子を動かせるのは誰?

 

 

我が子のひきこもりで悩んでいる私に出来ること

 

それでは、ここからは

息子のひきこもりで悩んでいた私が、

その当時、意識して実践した自分に出来ることを、

2つお伝えしていきます。

 

 

過去の後悔や未来への不安に意識を引きずられない

 

まず1つ目は、

過去の後悔や未来への不安に意識を引きずられないことです。

 

これはもちろん、

我が子のひきこもりという悩みだけでなく、

ほとんどの悩みで当てはまりますが・・・

 

その中でも、我が子の

ひきこもりで悩んでいる場合に多い状態。

 

それは、過去の自分の子育てを後悔したり、

我が子の将来を不安に思って苦しむことですよね。

 

しかも、今の日本では

子育ての責任を母親1人に背負わせているケースが、

とても多くなっています。

 

そのため、必要以上に

自分を責めている母親がたくさんいるということ><

 

実際に私も、これらのことで

本当に辛い思いをした経験があるので

あなたが今、

どれだけ苦しんでいるのか

想像しただけでも胸が痛くなってきます><

 

でも、私たち母親が

こうして思い悩むこと。

 

これは、ある意味当たり前だと思いませんか?

 

だって、大切な我が子のことなのですから。

 

だから、そんな自分にOKを出してあげてくださいね^^

 

ただ、ここで気を付けないといけなのは、

過去や未来に過剰に囚われ過ぎてしまうこと。

 

その場所に、どっぷりと居続ける。

 

そのまま、引きずってしまっている。

 

これが、苦しい時間を長引かせているのです。

 

だから、これを少し止めてみましょう。

 

そのためにも、自分が

『過去という後悔の島』にいる時と

『未来という我が子の将来への不安の島』にいる時を

しっかり意識すること。

 

そして、

「あっ、長居し過ぎたぞ!」と気付いたら

『今ここ』に、戻って来てみてくださいね。

 

『過去という後悔の島』

『未来という我が子の将来への不安の島』

 

ここに行くこと自体は、

当たり前と開き直っちゃおう^^

 

でも、気付いた時には『今ここ』に戻ってくる。

 

これを何度も繰り返しているうちに、

きっとあなたは、

過去や未来に過剰に囚われ過ぎている自分から

少しずつ解放されて、

気持ちがラクになっていくはずだから・・・

 

 

自分に集中する

 

そして、2つ目は

自分に集中することです。

 

もちろん、お子さんの年齢にもよりますが・・・

 

たとえ、我が子であっても、

私たちが自分以外の人を

自分の思うように動かそうとすることは、

支配やコントロールなのです。

 

しかも、今の状況では

お子さんに干渉することで、ますます

親子関係が悪化していく可能性もありますね(-_-;)

 

だから、いったんお子さんのことは、

横に置いてみましょう。

 

そして、自分に集中すること。

 

自分の考えや行動なら、自分で選べますよね。

 

つまり、あなたにコントロールできるのは、

あなた自身のことだけなのです。

 

このことを、しっかり意識してください。

 

そして、お子さんのことを横に置いたとき、

あなたの中には何があるでしょうか?

 

あなたのやりたいことは、なんですか?

 

あなたの好きなことは、なんですか?

 

あなたの苦手なことは、なんですか?

 

あなたの嫌いなことは、なんですか?

 

こうやって、自分について

ちゃんと知ってあげてくださいね。

 

きっと、今まであなたは、

お子さんだけでなく、家族みんなの世話を焼くことに、

一生懸命、自分の時間を使って頑張ってきたはずです。

 

だから、自分のことは後回し><

 

そうやっておろそかにしてきた自分を、

これからはしっかりと構ってあげてくださいね^^

 

だって、あなたが妻や母や嫁や・・・

という沢山の役割をこなせるのは、

『あなた』という土台があるから^^

 

だから、まずは

あなたが自分に意識を向けて

自分を大切にしてみてくださいね。

 

このように、

性別というジェンダーの視点で悩みに切り込み、

ものの考え方や価値観を振り返りながら、

行動を変えていくのが

チェンジング・カウンセリング®独自の特徴です。

 

あなたも、あなたの抱えている悩みの解消に、

チェンジング・カウンセリング®を取り入れてみませんか?

 

『チェンジング・カウンセリング®』無料メール講座

『チェンジング・カウンセリング®』料金メニュー

 

【参考記事】

チェンジング・カウンセリング®のカリキュラムの内容とは?

チェンジング・カウンセリング®があなたに必要な理由

チェンジング・カウンセリング®とは何か?その全体像とは?

 

 

いかがでしょうか?

 

今日は、

「我が子のひきこもりで悩んでいる私に出来ること」

というテーマでお伝えしてきました。

 

あなたが、こうして

この記事を読んでくれたこと。

 

それは、あなたが何とか今の状況を

変えていきたいと思っているからですよね。

 

だからこそ、一生懸命行動している。

 

まずは、そんな自分自身を認めてあげましょう^^

 

子どもの不登校やひきこもりは、

さまざまな背景が複雑に絡み合っているケースがとても多いのです。

 

そんな中で、あなた自身が出来ることに

チャレンジしてみようと思うこと。

 

それ自体が、素晴らしいと私は感じます。

 

そして、今まであなたが試したことで、

状況があまり変わらないのであれば、

今までとは違う方法を試してみることが大切ですよね^^

 

過去の後悔や未来への不安に

過剰に囚われ過ぎている自分から解放され、

『あなた』という土台に意識を向けて

自分を大切にしている。

 

こういう状況を手に入れた時、

あなたはいったい、どうなっているでしょうか?

 

せっかくなら、未来への不安ではなく

未来への明るい希望をイメージしてみませんか?

 

【参考記事】

子どものひきこもりで母親が出来ることは何?

 

あなたが1日も早く、

今、抱えている悩みから解放されることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、今、抱えている悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です