人生のどん底から歩き始める方法

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

 

あなたは、何か『人生のどん底』と感じられるような体験をしたことがありますか?

 

もちろん、ありますよね。

 

生きているからこそ、私たちはさまざまな体験をするわけで。

 

たとえば、病気をしたり、不慮の事故にあったり・・・

 

お金に困って生活が困窮し、生きていくのもままならなくなってしまったり・・・

 

あるいは、大切な人の死だったり・・・

 

離婚やDV、職場の人間関係におけるハラスメント・・・など、本当にいろいろなことがありますね。

 

実は、私にとっては、息子の不登校・ひきこもりという悩みで苦しんでいたことが、まさに人生のどん底にいる感覚を味わっていた時でした。

 

今、もしかしたらあなたも、人生のどん底にいると感じているのでしょうか?

 

だからまさに今、いったいどうやって過ごしたらいいのだろう・・・

 

そう考えて、悩んでいるのかも知れませんね。

 

辛いですよね・・・

 

私も当時は、本当に辛くて苦しくて><

 

泣いてばかりいたのです。

 

だから、人生のどん底だと思っていたのに・・・

 

もう2度と、動き出せないと思っていたのに・・・

 

気付いたら、ちゃんと道は先に続いていて、いつの間にか私はその道を歩き始めていました(*^^*)

 

そこで今日は、「人生のどん底から歩き始める方法」というテーマでお伝えしていきます。

 

 

人生のどん底ってどんなこと?

 

さて、あなたは、人生のどん底ってどんなことだと思いますか?

 

子どもの不登校・ひきこもり?

 

自分自身がひきこもっていること?

 

生活困窮?

 

人間関係の中でのいじめ?

 

離婚やDV?

 

病気?

 

大切な人の死?

 

他にもさまざま、人生のどん底って感じるようなことは、本当にたくさんあると思います。

 

でも、はたして『これこそがどん底!』というような、何か明確なものがあるのでしょうか?

 

あなたは、どう思いますか?

 

実は私たちは、一人ひとり感じ方や考え方、価値観が違います。

 

それは、私たち一人ひとり、みんな歩いてきた道が違うからですよね。

 

その、それぞれ歩いている道の中で経験したことの積み重ねによって、私たちの考え方や価値観が出来上がっていく。

 

ということは、いろんな考え方があり、いろんな感じ方があり、いろんな価値観があるのです。

 

だから、たとえばテレビを見る時・・・

 

お笑い番組が好きな人もいれば、ドラマが好きな人だって、クイズ番組が好きな人だって。

 

ノンフィクション番組が好きな人、歌番組が好きな人、旅行番組、動物番組・・・

 

もしかしたら、ニュースしか見ないわ~という人だって、いるのです。

 

しかも、ドラマだって、さらに恋愛ものだの、推理ものだの、時代劇だの・・・

 

色んなジャンルがありますよね。

 

ほんとに、10人十色です^^

 

ということは、当然、人生のどん底って感じる感覚も、人によって違うということ。

 

私には、高校2年生で退学し、ひきこもりになった経験のある息子がいます。

 

まさに、私にとってのどん底だった、この息子の不登校・ひきこもり><

 

毎日毎日、息子に気付かれないように、一人で泣きながら過ごしていたこともあります。

 

胸が苦しくて、痛くて、たまらなかった。

 

生きていることが、苦痛だったことすら・・・

 

ところが、私と同じように不登校のお子さんがいる方の中には、そこまで悩んでいない方もいました。

 

私にとっては、生きていくエネルギーを奪われているような状態だったのに・・・

 

面白いですよね。

 

同じ出来事であっても、それをどう捉えるか。

 

それは、ほんとうに人によって違う場合があるのです。

 

 

人生のどん底から歩き始める方法

 

それでは、人生のどん底から歩き始める方法を、2つお伝えしていきましょう。

 

 

『どん底』が自分の主観だということに気付くこと

 

1つ目は、『どん底』が自分の主観だということに気付くことです。

 

まず意識しておいてほしいのが、あなたが今いるどん底は、『あなたにとってのどん底』だということ。

 

前の章でお伝えしましたが、同じ出来事であっても、それをどう捉えるか。

 

それによって、感じ方は大きく変わってきます。

 

ということは、『あなたがその出来事をどん底だと感じているからこそ、どん底になる』ということですよね。

 

ちょっと、お金に関して考えてみますね。

 

当然、お金が有る、無いという基準は、人によって違うわけです。

 

たとえば、住む場所を追われ、今夜の寝場所にも困っている。

 

今日のご飯を食べるのにも、苦労しているという状況があるとします。

 

これを、Aさんはお金が無くて人生のどん底にいると感じている。

 

ところが、Bさんはそれでも生きているだけで幸せと感じている。

 

あるいは、住む家があって、ご飯も食べられるんだけれども、海外旅行に行くお金が無い。

 

だから、人生のどん底だと感じているCさん。

 

このように、私たちは自分の主観・自分の基準によって、その出来事を捉えているのです。

 

そして、結果として感じ方が変わってくる。

 

これが、とっても大事なことなのです^^

 

 

どん底をしっかりと感じきること

 

次に、2つ目は、どん底をしっかりと感じきることです。

 

あなたがどん底から歩き出すためには、まずその『どん底にいる自分』をしっかりと感じることが必要です。

 

息子の不登校・ひきこもりで悩んでいた当時の私は、どんな状態だったのでしょうか?

 

当時の私は、底なし沼に、ズブズブと音を立てて沈み込んでしまい、息も出来ないくらい苦しい。

 

真っ暗な場所で、1人で膝を抱えて泣いている。

 

誰かに救い出してもらいたい。

 

そうしないと、どんどんどんどん沈んでしまって怖い・・・

 

こんな状態でした><

 

そして、足がすくんでしまって、人生のどん底にいると感じていたのです。

 

今、もしあなたも、当時の私と同じような状況にいるのだとしたら・・・

 

今ここで、ちゃんと知っておいて欲しいことがあります。

 

それは、あなたが今いる場所が、どこなのかということです。

 

そしてそこが、自分の人生のどん底だと、あなたが感じているということ。

 

それをいったん、しっかり確認しましょう。

 

もしかしたら、親や友達に

 

「そんなことで悩んでも、仕方ないじゃない」

 

なんて言われているかも知れませんね(-_-;)

 

でも、大切なのは『あなたが、どう感じているか』なのだから。

 

それではちょっと、試してみましょうね。

 

ちょっと立ち上がってみてもらえますか?

 

そして、あなたの意識を足の裏に集中してみてください。

 

では、地面をしっかり足の裏で捉えたと感じられた時に・・・

 

その場でちょっと、地面をトントンたたくように、足踏みしてみてくださいね^^

 

もしあなたが、どんなに強くどんどん足を踏み鳴らしたとしても・・・

 

その場所は、抜けませんよね?

 

下に穴があいて、落ちてしまいましたか?

 

たぶん・・・

 

というか、絶対に落ちないと思います(*^^*)

 

なぜならそこが、1番底だから。

 

なので、安心してくださいね。

 

もう、下に落ちる恐怖感を持たなくても大丈夫^^

 

あなたがどん底にいると感じているのなら、今確認してもらったように、もうこれ以上、下には落ちようがありません^^

 

つまりここから先は、そこに居続けるか、その場所から上がっていくしかないということ。

 

そして実は、これは、あなた自身が決められるんです。

 

あなたがそう決めたら、その場所がどん底。

 

それでOK^^

 

それが、腹をくくる。

 

それが、どん底にいる自分を認める覚悟をするということ。

 

「ここが、どん底だ~い!それがどうした!?ふふ~ん」

 

こんなふうに、開き直ってみてください(*^^*)

 

そうすると、あなたはいつの間にか、自分が新しい一歩を踏み出していることに、驚かされるのです。

 

ほら、何となくあなたの前に、新しい道が見えてきませんか?

 

【参考記事】

出口の見えないトンネルの中で苦しんでいるあなたへ

 

いかがでしょうか?

 

今日は、「人生のどん底から歩き始める方法」というテーマでお伝えしてきました。

 

実は、人生のどん底って、きっと何回も来るんだと思います><

 

でも、それが生きているということ。

 

私も、息子の不登校・ひきこもりで悩んでいる時は、人生のどん底にいると思っていたけれど・・・

 

その後もまた、やっぱり別などん底がやってくる><

 

でも、そのどん底を、また抜けていつの間にか歩き出し・・・

 

この繰り返しが、まさに人生なのかもしれません。

 

そして、その間には、必ず嬉しいことや楽しいことがたくさんあります(*^^*)

 

だからこそ、新たなどん底を抜け、再び歩き出すエネルギーが生まれるのです。

 

そして、何より不思議なこと^^

 

どん底を抜けるたびに、嬉しいことや楽しいことのハードルが低くなっていることに、私は気付きました。

 

だから、日常のささいなことに幸せを感じ、当たり前に感謝が出来る。

 

今まで、気にも留めずに見過ごしてきたこと。

 

そこに、どれだけ大切なことが詰まっていたことか・・・

 

人生のどん底には、そういう貴重なことを教えてくれる、不思議なパワーがあると私は感じています。

 

だからこそ、焦る必要はありません。

 

あなたのタイミングで、大丈夫。

 

あなたはこうして、自分でなんとかしようと私のブログを読んでくれている^^

 

ちゃんと、自分で考えている。

 

しっかり、自分から行動している。

 

ということは、どん底から歩き出すチカラを、あなたは持っているのです(*^^*)

 

そんな自分を、信じてくださいね^^

 

あなたが1日も早く、人生のどん底から歩き出せることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、人生のどん底にいるという悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です