多くの役割に苦しめられる生活から解放される方法

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

 

このブログを読んでいただいているという事は、あなたはたくさんの役割に毎日苦しめられているのでしょうか?

 

役割に縛られて、本当にせわしない日々を送っているのかも知れませんね><

 

夜、眠れていますか?

 

食事はしっかり、食べられていますか?

 

もしかしたら、朝起きるのが辛い日もあるのではないでしょうか。

 

このような状態が長く続くと、心身ともに辛いですよね。

 

実は私にも、役割を一生懸命こなそうとして必死に頑張っていた時期がありました。

 

だから、あなたの気持ちがとてもよくわかります。 

 

でも、このままの状態が続くと、いつかあなたが本当に体調を崩してしまう可能性もあるのです(>_<)

 

そこで今日は、多くの役割に苦しめられる生活から解放される方法についてお伝えしていきます。

 

 

 

役割に苦しんでいませんか?

 

普段の生活の中ではあまり意識していないかも知れませんが、私たちは成長するにつれ、さまざまな役割を担うようになります。

 

大人になり結婚すると、更にその役割は増えていきますよね。

 

たとえば私は、娘だったり、妻だったり、母だったり、嫁だったり・・・

 

そうそう、仕事をしている私もいますよね。

 

他にも友達との関係とか、住んでいる地域・趣味のサークルなど、いろんなコミュニティーの中で私たちには立場や役割が与えられています。

 

このように私たちは、ごく当たり前のこととして、1つのカラダに数えきれないほどの役割を背負っているのです。

 

そして、これらの役割に過剰に縛られてしまうと何が起きるのでしょうか。

 

それが、かつての私のように・・・

 

そして、今のあなたのように、役割に縛られて苦しんでいる状態なのです><

 

それでは、私たちが役割に縛られてしまっている原因は、いったい何なのでしょうか?

 

その背景にあるのは、それぞれの役割に対して私たちの中にある暗黙の期待。

 

例えば、私たち女性に期待されている役割には、女らしさからくる『理想の母親』とか『理想の妻』などがありますよね。

 

これらは、社会の価値観として子どもの頃から私たちの中に刷り込まれてきたもの。

 

それが、本来のあなたの生き方にマッチしていれば、何も問題はありません。

 

それが、あなたらしい生き方であれば、素晴らしいことですよね。

 

だけど、そうではない人だってもちろんたくさんいるのです。

 

だって、人それぞれみんな、考え方や価値観・性格などが全然違うのだから・・・

 

それなのに、社会の価値観として、女性だからという理由だけで『女性役割』への期待を一律に押し付けられるとどうなるでしょうか?

 

本来の自分では出来ないことまで、頑張ってやりこなそうとするしかない人も出て来るわけです><

 

その結果、良い妻として、良い母親としてこうあらねばならないという呪縛によって、自分自身を縛り付けてしまうことに・・・

 

しかも、これは相互関係の中で認知された役割に寄せられる期待なので、当然家庭の中だけにあるのではありません。

 

職場の中でも、地域の中でも、人間関係の生じるコミュニティーの中では、どこにでも役割に応じた期待があるのです。

 

職業に応じた期待なんかも、もちろんありますよね。

 

このように、あらゆるところで私たちは、それらの期待にこたえようと頑張ってしまう><

 

そして、それが過剰になりすぎると、ストレスになって自分自身を苦しめていく結果となっていきます。

 

役割に苦しむ生活から解放される方法

 

あなたは今、毎日がとても楽しくて、生き生きと生活できているでしょうか?

 

多分、そうではないですよね・・・

 

だからこそ、このブログを読んでいるのではないでしょうか。

 

そして、多分背負っているさまざまな役割でがんじがらめになって、苦しんでいるのだと思います。

 

それでは、この状態から解放されるにはどうしたら良いのでしょうか 。

 

役割の整理をしてみよう

 

まず初めに、あなたにやってもらいたいことがあります。

 

それは、あなた自身が背負っている、多くの役割を自覚すること。

 

そのために、ちょっと役割の整理をしてみましょう。

 

できれば今このまま、実際に紙に書きだしてみてくださいね。

 

今日だけではなく、その後も思い付いたものをその紙に次々と足しながら・・・

 

きっと本当にたくさんの役割を、あなたは背負っているのではないでしょうか?

 

そしてそれらの役割の持つ期待に応えようと、すでに限界まで頑張っているのです。

 

それによって毎日の忙しさに紛れているうちに、自分自身をすり減らしてしまっているのかも知れません><

 

役割に優先順位をつけよう

 

私たちには、ライフステージに応じた過ごし方があります。

 

例えば、自分中心の時期とか、仕事中心の時期・子育て中心の時期・あるいは介護中心の時期などですよね。

 

ちなみに、今のあなたがいるライフステージはどこでしょうか?

 

今、あなたが1番大事にしたいものは何ですか?

 

そして、そのために必要な役割は何なのか、というところに優先順位をつけていけばいいわけです。

 

だって、1日に使える時間は、24時間て決まっているのだから。

 

もしあなたにとって、子育てが一番大事な時期だったら母親役割が1位に来るかも知れませんね。

 

或いは、子どもも巣立って仕事をバリバリやりたいのであれば、職場での地位に応じた役割が1位に来るかも知れません。

 

結婚していて夫との時間を大切にしたければ、妻役割が1位に来るでしょう。

 

自分の親の介護に時間を使いたいと思うのならば、娘役割が1位に来るかも知れませんね。

 

このように、今のあなたにとって1番大切な役割を決めてしまうことで、バランスを取っていくのです。

 

1位が決まったら、2位、3位も決めていきましょう。

 

こうしてつけた順位は、当然、流動的なものです。

 

私の場合も、以前は母親役割が1位でしたが、今は仕事での役割が1位になっています。

 

実は自分が背負っている役割の全てを、しっかりこなそうと思うからこそ無理が来るのです。

 

当然、ストレスも溜まりますよね(-_-;)

 

だから、力を入れる役割と、手を抜く役割。

 

優先順位をつけたら、そこをしっかり区別してくださいね。

 

そして、「ま、いっか~」と、完璧を目指ことを手放してみてください。

 

あなた自身が縛られている役割への期待から、自分を解放することに繋がるから(^^♪

 

役割を背負っている自分を大切にしよう

 

そして・・・

 

最も大切なことを、これからお伝えしますね^^

 

それらの多くの役割を背負えるのは、なぜでしょうか?

 

あなたには、その理由がわかりますか?

 

実は、そのたくさんの役割を背負えるのは、『あなた』という本体がいるからなんです(^_-)-☆

 

だから、今、役割に優先順位をつけてもらいましたが、1位の上に『自分』を置いてくださいね^^

 

あなた自身が自分を大切にして、心や身体に余裕を持つことが、背負っている役割をこなすためのエネルギーになっていくのです。

 

このことを知ってから、私自身の生き方は本当に変わりました。

 

少しずつ・・・

 

少しずつだけど、楽に生きられるようになっていったのです。

 

いかがでしょうか?

 

今日は、多くの役割に苦しめられる生活から解放される方法についてお伝えしてきました。

 

私たちは、ついつい大切な『自分』の存在を後回しにして、『役割』をこなすことに一生懸命になってしまいます。

 

でも、ここでちょっとあなた自身の生活を、しっかり振り返ってみてくださいね。

 

このたくさんの『役割』を背負えるのは、本体である『あなた』がいるからでした^^

 

さぁ~頑張りすぎず、『あなた自身』のために、すこ~しのんびりしてみませんか(*^^*)

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、たくさんの役割に毎日苦しめられているのなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です