『親が変われば子も変わる』という言葉で苦しんでいるあなたへ

 

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

 

このブログを読んでいただいているということは、あなたは『親が変われば子も変わる』という言葉で苦しんでいるのでしょうか?

 

ということは、あなたには、不登校・ひきこもりのお子さんがいらっしゃるのかもしれませんね。

 

実は私も、今は社会人として働いていますが、かつて不登校・ひきこもりだった息子がいます。

 

だから息子のことで、本当に長い間辛く苦しい日々を過ごしていた経験があるのです。

 

もしかしたらあなたも、お子さんのことで胸を痛めているのではありませんか?

 

そして、まさに今、この『親が変われば子も変わる』いう言葉に苦しんでいるのでしょうか?

 

私もこの言葉で苦しんだことを、いまだに忘れてはいません。

 

その頃は、本当に自分を責めていましたね~

 

と言うのも、当時は息子がひきこもりから抜け出せない状態を・・・

 

“親である私の息子への接し方がまだまだダメだから息子は変わらないのだと考えていたのです(-_-;)

 

そのため「もっともっと変わらないとダメ!」「何年間も、あなたは何やってたの???

 

自分に対してこんな言葉を投げつけては、自虐のループに><

 

あなたも、私みたいに自分で自分を責めているかも知れませんね・・・

 

だけど、実はこの自虐のループから抜け出す方法があるのです。

 

実際に『親が変われば子も変わる』という現実が、我が家にも起きました。

 

だからぜひあなたにも、この言葉を苦しい呪縛ではなく、明るい希望に変えて欲しいと私は考えています。

 

そこで今日は、『親が変われば子も変わる』という言葉で苦しんでいるあなたが、どうすればこれを希望に変えられるのかをお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

なぜ、『親が変われば子も変わる』という言葉で苦しむのか

 

私たちのように、我が子が不登校・ひきこもりになった親は、なぜこの『親が変われば子も変わる』という言葉で苦しむのでしょうか。

 

あなたは、どのように考えていますか?

 

私がこの言葉に縛られていた時、私を変えようと頑張っていた目的は、実は自分のためではありませんでした。

 

“息子が変わることを期待し、それを前提にして、そのために自分を変えないといけない” と考えていたのです。

 

つまり、その時の私が変わる目的は、あくまでも息子を変えるため(-_-;)

 

自分が変わることで、息子をコントロールしようとしていたということです><

 

   「自分が変わる」⇒ あくまでも手段

 

   「息子を変える」⇒ 本当の目的

 

今振り返ると、私の場合はこんな感じでした><

 

あなたはどうでしょうか?

 

もしかしたらあなたも、「子どもを変えるために、自分が変わろう」と、思っていませんか?

 

実は、そこで大きな勘違いをしてしまっているのです><

 

その考え方では、目的はあくまでもお子さんが変わること。

 

なので、お子さんがひきこもりから抜け出さない限り、あなたはずっと苦しみ続けることになるのです。

 

一生懸命自分を変えようと努力し、どんなに頑張ってもお子さんに大きな変化はない・・・

 

その状態が続けば続くほど、当然疲れ切って無力感に襲われてきますよね。

 

しかも、成果が上がらないことで、やり方がまずいのではないかと自分を責め続ける。

 

それに加えて、手段としてむりやり自分を変えようとすることで、自分ばかり我慢させられている感覚まで生じてしまう可能性も・・・

 

そして、どんどんあなたは辛く苦しい状態へと、追い込まれていくのです><

 

 

親が変わるのは誰のためかを理解する

 

そこで、このような自虐のループから抜け出すためには、親が変わるのは誰のためか?ということを、しっかり考えていく必要があります。

 

親が変わるのは、子どものためでしょうか?

 

それとも、親自身のためでしょうか?

 

あなたは、どのように考えていますか?

 

今あなたが、お子さんの不登校・ひきこもりで悩み苦しんでいるとすると、この時考える必要があるのはそれが誰の問題かということです。

 

不登校・ひきこもりになっているのは、お子さんですよね。

 

ということは、あなたの問題では無いということ。

 

だからあなたがどれだけ頑張っても、お子さんが自分で動かない限り、ひきこもりから抜け出すことは出来ないのです。

 

『馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない』ということわざがあるのを、あなたはご存じないでしょうか?

 

のどが渇いているだろうと考えた飼い主が、馬を水辺に連れて行ったからといってその馬が水を飲むとは限りません。

 

馬自身、のどが渇いていなければ、どれだけ環境を整えても水を飲まないのですよね。

 

要するに本人にその気がないのに、周囲が気を揉んだり強制しても無駄というたとえです。

 

ということは、お子さんがひきこもりから抜け出そうと思わない限り、あなたがいくら頑張ってもお子さんを動かすことは難しいのです。

 

もちろん、お子さんが不登校・ひきこもりの状態だと、母親であるあなたが苦しむのはとてもよくわかります。

 

私も、本当に苦しみましたから・・・

 

だけど、私が息子と一緒に苦しんだから息子がひきこもりから抜け出せたわけではありません。

 

むしろ・・・逆(;’∀’)

 

息子は息子の問題を、私は私の問題を・・・

 

それぞれ自分のためにクリアしていったからこそ、息子はひきこもりから抜け出せました。

 

『親が変われば子も変わる』という言葉で、しっかり理解しておくことは、次の3つです。

 

1.親が子どもを変えることは、出来ないこと。

2.親が変えられるのは、自分自身だけであること。

3.その目的は、自分の苦しさを減らし、自分が楽になっていくこと。

 

 

『親が変われば子も変わる』をあなたの希望にするためには

 

ここまで読んでいただいたことで、『親が変われば子も変わる』という言葉であなたが苦しんでいた理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

そして、あなたが今この言葉で本当に苦しんでいるのなら、おそらくお子さんを変えることを目的に、自分を変えようとしているのかも知れません。

 

だからこそ苦しい状態のまま、今に至っているわけですよね><

 

私もそうだったので、よく分かります(-_-;)

 

でも、それならここで一旦、『子どもを変えるために自分を変える』ことを、このまま続けていっていいのかを考える必要があります。

 

だって・・・苦しいんですよね><

 

だって・・・あなたがどんなに頑張っても、お子さんは変わらないんですよね><

 

だったら、今までとは違う方法を試してみてはどうでしょうか。

 

ここからちょっと、あなたの意識を変えてみませんか?

 

親が変わるのは親自身、つまりお子さんのためではなくあなた自身のためにという意識への転換です。

 

実は、これはあなたに焦点を合わせることにつながります。

 

お子さんの状態がどうであれ、あなた自身がこの辛い状態から抜け出すためにはどうしたら良いか、というとことですよね。

 

お子さんが不登校・ひきこもりの状態でも、全然気にしないお母さんも実際にいるのです。

 

でも私にとっては、とてつもなく大きな問題でした。

 

だからこそ、息子を何とかコントロールしてまで変えようとしていたのです><

 

ある意味、息子を『普通というレールに戻さなければ』という強迫観念とも言えますよね。

 

そして、これを手放したことで、私自身がどんどん変わり楽になっていきました。

 

もちろん、簡単に手放せたわけではありません。

 

そのために、本当に強い覚悟と大きな痛みを伴う、いくつもの作業が必要でした。

 

なんでそんなに息子を『普通というレールに戻さなければ』という強迫観念を私は持ってしまったのか・・・という背景を知る必要もありました。

 

そのために、自己理解を深めていき・・・

 

するとそこには、良い母でなければ・・・良い妻でなければ・・・良い嫁でなければ・・・という、私が持っていた女性役割への、過剰なまでの強固な枠組みがあったのです。

 

【関連記事】ひきこもりという悩みをジェンダーの視点で考える

 

あなたもまずは、自分に焦点を合わせる努力を積み重ねてみてくださいね。

 

そうすると、自分のことだから少しずつでも結果を出すことが出来るのですよ^^

 

これは、私にとってとても大きなモチベーションになりました。

 

そうすることで、いつの間にか『親が変われば子も変わる』が、現実のものとなっているのです(*^^*)

 

不思議なことに、私が自分のために変わっていくことで楽になり、行き辛さが減っていく。

 

そのために重要だったのが、ジェンダーの視点でした。

 

良い母・・・良い妻・・・良い嫁・・・ですね。

 

それを少しずつ手放していくにつれて、不思議と息子も徐々に動き始め、段階を踏んで社会人になっていったのです。

 

いかがでしょうか?

 

今日は、『親が変われば子も変わる』という言葉で苦しんでいるあなたが、どうすればこれを希望に変えられるのかをお伝えしてきました。

 

この言葉を呪縛としてではなく、希望にしていくために必要なことがありましたね。

 

あなたがお子さんへのコントロールを手放し、自分自身に焦点を合わせていくことでした。

 

それによって、なぜ自分がこんなに不登校・ひきこもりを問題と感じるのか。

 

その背景には何があるのか。

 

などに気付くことで、あなたは新しい視点を獲得することが出来るのです。

 

その新しい視点で、あなたが自分の行動をコントロールする練習を積み重ねることで、行き辛さが軽くなっていく^^

 

それとリンクするように、いつの間にかお子さんも身軽になっていけると私は信じています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、ひきこもりという悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

 

 

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です