私って『空の巣(からのす)症候群?』と感じた時の対処法

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

 

このブログを読んでいただいているということは、あなたはひきこもりという悩みを抱えていらっしゃいますか?

 

そして、『空の巣症候群』という言葉に、ご自身をあてはめていらっしゃるのかも知れませんね。

 

もしかしたら、お子さんはすでに自立しているのでしょうか?

 

そしてその後、1人で取り残されたような寂しさから、何もかもやる気をなくしてしまい、ご自身がひきこもりのようになっている。

 

それとも、これまで長い間、自分のことは後回しにして、ひきこもり状態のお子さんにかかりっきりの毎日を送っていて・・・

 

だから、そのお子さんが自立したあとのことを考えると、寂しくてたまらないと不安に感じているのでしょうか?

 

色んなケースがあると思いますが、いずれにしても『空の巣症候群』は、お子さんとの関係の中で起こってきます。

 

私の場合、5年以上ひきこもっていた息子が自立して家を出た時には、ホッと一安心という気持ちになりました。

 

ところが、自分自身本当に驚きましたが、それ以上に、寂しくて悲しかったです( ;∀;)

 

息子の自立は、長い間ずっと待ち望んでいたこと。

 

必死に自立させることを目指してきたはずなのに、おかしいですよね(;’∀’)

 

でもそれこそが、理性では抑えきれない大切な『気持ち』なのです。

 

とは言え、それで体調を崩してしまうことになっては、元も子もありません。

 

そこで今日は、私って『空の巣症候群?』と感じた時の対処法についてお伝えしていきます。

 

【参考記事】

子離れ出来るか不安。どうしたらいい?

 

 

 

『空の巣症候群』ってなに?

 

あなた自身が、自分は空の巣症候群かもと感じているのだから、どういうものかはすでにご存じだと思います。

 

でも、ここで少し、Wikipediaから引用して、空の巣症候群についての認識を共有しておきますね。

 

空の巣症候群(からのすしょうこうぐん、Empty nest syndrome)は、子どもが家を出たり結婚したりしたときに、多くの女性が感じる憂うつで不安になる苦しみの一般的な信念を表す言葉である。子育てが終わり、子供が家を巣立っていったあたりからこの症状が出てくることが多いためこのように呼ばれる

燃え尽き症候群、五月病などとも似通ったもの。子供が自立し、夫は仕事で忙しく構ってくれず、夫婦生活もないに等しくなり、涙もろくなり、夫の定年が近いというと、退職、即離婚といった方に展開していくこともある。

※出典:Wikipedia

 

このように、空の巣症候群とは、子育てがひと段落していく、40代~50代の女性が陥りやすい状態のことです。

 

特に・・・

 

”真面目に母親役割をやってきた人”

 

“子育てだけに生きがいを見出してきた人”

 

“子育てが自分のやるべき仕事であると思って頑張ってきた人”

 

こういう人たちに、起こりやすい状態ではないでしょうか。

 

この時期は、人によっては更年期障害が始まる時期でもあり、心身両面で不調が出やすくなってくるので、注意が必要ですよね。

 

あなたは、子育てをどのようにやってきましたか?

 

あなたは、どんな状態から自分は空の巣症候群なのかなと感じられたのですか?

 

訳も無く涙が流れてくることがありますか?

 

睡眠はとれていますか?

 

苦しいですね・・・

 

 

どうして『空の巣症候群』になるのか

 

それでは、どうして『空の巣症候群』になるのでしょうか。

 

それは、『良妻賢母』こそが自分の役割と信じる、ジェンダー規範の強さが関係してきます。

 

母親役割に一生懸命になりすぎると、結果的に子どもが自立したあとの役割の喪失感が大きくなり、自分の存在意義を見失っていくのです。

 

だから、『空の巣症候群』になってしまう・・・

 

ところで、ジェンダーってなんのことだか、あなたは知っていますか?

 

実は、私たちには、生まれついての生物学的性別である『男性・女性』という性別があります。

 

ところがそれだけでなく、社会通念や文化・慣習等によって作り上げられた性別である『ジェンダー』というものも持っているのです。

 

つまり、ジェンダーとは社会的性別のこと。

 

女らしさ・・・という言葉の方がピンと来るでしょうか。

 

このジェンダーの視点をしっかり持っていないと、『男は仕事・女は家庭』という考え方に代表されるような、性別によって役割を決めてしまう偏見を持ってしまうのです。

 

そこで、その意識が強いと、ジェンダー規範に縛られていくことになります><

 

以前の私は、世間的な基準によるところの、『良い妻・良い母』と見られることに意義を感じていました。

 

そのために、一生懸命頑張っていました。

 

それこそが、女性のあるべき姿だと信じていたからです。

 

だから、本当は家事よりも仕事が好きなのに、結婚と同時に退職して専業主婦になり…

 

当時は、女性としての『役割』に、本当にこだわっていたのだと今だからわかります><

 

特に50代の女性の中には、私と同じように考えて『寿退職』という形で、専業主婦を選んでいた方たちが多いのではないかと思います。

 

そしてそれに対して、何の疑問も持たずにいた私でした。

 

それこそが、ジェンダー規範の強さの表れだったのです。

 

あなたは、どうでしょうか?

 

もしかしたらあなたも、世間的な基準によるところの、『良い妻・良い母』と見られることに意義を感じていたりしていませんか?

 

実は、私の息子は、高校1年の夏休み明けから学校に行ったり行かなかったり・・・という、さみだれ登校が始まりました。

 

その頃初めて行ったカウンセリングで、それまでの子育ての様子から言われたのが

 

「あなたは一生分息子さんの世話を焼いてきてるから、もう十分ですよ」

 

つまり、過保護・過干渉ということ><

 

そんな私の世話焼きは、もちろん当時は息子のために良かれと思ってやっていたのですが・・・

 

でも、後になってその奥に「こんなに私は、母親としての役割をちゃんとやっているのよ!」という気持ちを見付けてしまい大ショック><

 

私の中には、良い母親という評価を得るために、必要以上に頑張っていた部分もあったということ(;’∀’)

 

そして、その気持ちが強ければ強いほど、自分のキャパシティー以上にやり過ぎてしまう。

 

結果的にそれが自分にも息子にも、プレッシャーをかけることになっていて><

 

かる~い感じの「良い母親になれたらいいな~♪」くらいなら、まだそこまで自分に対して重圧をかけずに済んだんだと思います。

 

でも、それが「良い母親になるべき」という義務になってしまうと、途端に状況が違ってきてしまいますよね。

 

このように、ジェンダーの視点であなたの悩みに切り込んでいくのが、ほかのカウンセリングにはない、チェンジング・カウンセリング独自の特徴です。

 

あなたももっと、ジェンダーの視点について学んでみませんか?

 

無料でメルマガ講座を配信していますので、ジェンダーの視点に興味があれば、ぜひご登録くださいね(*^^*)

 

『チェンジング・カウンセリング』無料メール講座

 

【参考記事】

チェンジング・カウンセリングのカリキュラムの内容とは?

チェンジング・カウンセリングがあなたに必要な理由

チェンジング・カウンセリングとは何か?その全体像とは?

 

 

私って『空の巣症候群?』と感じた時の対処法

 

それでは、自分が空の巣症候群ではないかと感じた時の対処法は、何があるのでしょうか。

 

ここでは、3つお伝えしていきます。

 

ジェンダー規範に縛られ過ぎていないかに気付く

 

1つ目は、ジェンダー規範に縛られ過ぎていないかに気付くということです。

 

そして、これが一番大切なこと。

 

まず、あなた自身がジェンダー規範に縛られ過ぎていないかどうかをしっかり見極めてください。

 

あなたは今まで、自分自身を犠牲にしてでもお子さんの為に頑張ってきたのではありませんか?

 

あなた自身の心の声を、しっかり聞きながらここまで生きてきましたか?

 

自分自身に、このように質問してあげて下さいね。

 

すぐには、答えが出ないかも知れません。

 

でも、根気強く何度でも、あなたがあなたに問いかけてみてください。

 

自分の状態に、まずは気付くこと、それを認めるところからのスタートです^^

 

 

自分の気持ちを受け止める

 

2つ目は、自分の気持ちを受け止めるということです。

 

もし、我が家のようにあなたのお子さんもひきこもっていたのだとしたら、お子さんは家にいたはずですね。

 

と言うことは、あなたは、普通に学校や社会人として昼間は外にいる子どもを持つ親御さんよりも、ずっと深い関わり方をお子さんにしていたのだと思います。

 

だからこそ、逆に言えばあなたがお子さんに依存している部分も大きくなっていたのではないでしょうか?

 

そして、お子さんが自立してしまったことに対する寂しさや不安も、より強く感じることになるのですよね。

 

こんな時は、その気持ちを自分でしっかりと受け止めてください。

 

「あ~私は、この子が自立してしまって寂しいんだなぁ」

 

そんな気持ちを、しっかり認めてあげるのです。

 

無かったことにして、フタをしないでくださいね。

 

そう感じる自分を、「ダメだ」と責めたりしないでくださいね^^

 

大事な大事な、あなたの気持ちなんだから(*^^*)

 

あなたが、一生懸命育ててきたお子さんですよ。

 

自立してあなたの元を巣立っていったのなら、そりゃ~寂しいですよ。

 

当たり前です。

 

だから、思いっきり悲しんでくださいね。

 

ギャン泣きしちゃってください。

 

それでいいのです^^

 

そうやって、自分で自分の気持ちを受け止め、認めてあげてください。

 

もし、自分で受け止めきれない時には、私に話してくださいね^^

 

 

自分の楽しみ・生きがいを見つける

 

3つ目は、自分の楽しみ・生きがいを見つけるということです。

 

もしかしたら、あなたは今まで、自分の楽しみを探す時間も無いほど、忙しい日々を送ってきたのではないですか?

 

だったら、これからが、あなたの第2の人生の始まりです^^

 

あなたにとって、今1番楽しいことってなんですか?

 

夢中になって時間を忘れるくらい楽しめること^^

 

それを、ぜひ見つけてみてくださいね。

 

まだまだ、ゆっくりする時間はないわ~という場合でも大丈夫。

 

時間がなくてもできることは、いろいろありますよね。

 

すきま時間の中で、ちょっと気持ちがほっこりできること。

 

そんなことが、見つけられればいいですね^^

 

そうやって、少しずつお子さんに使っていた時間やエネルギーを、自分で埋めていくこと。

 

それが、とても大事です。

 

それによって、あなた自身の力で、あなたを再生していくことが出来るのだから(*^^*)

 

たとえば、映画を見たり、ウォーキングをしたり、海をぼーっと見ていたり・・・

 

音楽を聴きながら読書なんていうのもいいかも。

 

友達とカラオケも、いいですね♪

 

もちろん1人カラオケも^^

 

こうやって、自分の楽しみを見つけるために、いろいろ試してみましょう。

 

最初は、「こんなことしたって、何の役にも立たない><」と、思うかもしれません。

 

でも、その小さなピースを積み重ねていくことで、やがてあなた自身が満たされていくのです。

 

いかがでしょうか?

 

今日は、私って『空の巣症候群?』と感じた時の対処法についてお伝えしてきました。

 

もしあなたが、質問によって「ジェンダー規範に縛られ過ぎていた」ことに気付いたとしたら・・・

 

気付いたからこそ、その縛りをゆるめながらバランスを取っていくことが出来るのです。

 

そしてそれは、今から先のあなた自身の生き方を、大きく変えていくでしょう。

 

実は、『息子が不登校・ひきこもりになる』という悩みを抱えてからの私は、その前と比べて大きく立ち位置が違っています。

 

自分の価値観が、180度変わっているのではないかと感じるほど。

 

ところが、そんな私でも・・・

 

待ち望んでいたのにも関わらず、息子の自立は寂しく悲しかったのです。

 

だから、以前の私だったら、まさに『空の巣症候群』になっていたはずです。

 

もしかしたら、立ち直れなかったかも知れません><

 

もしあなたのお子さんが、まだあなたの元にいるとしたら・・・

 

今のうちから、お子さんが自立した後の自分自身がどう在りたいのか。

 

そこを、しっかり考えてみてくださいね。

 

あなたが1日も早く、ひきこもりという悩みから解放されることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、私って『空の巣症候群』かなと悩んでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です