チェンジング・カウンセリングがあなたに必要な理由

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

 

このブログを読んでいただいているということは、あなたはチェンジング・カウンセリングに興味を持っていただいているのでしょうか?

 

「チェンジング・カウンセリングって何?」

 

「どんなことをするの?」

 

と、少しでも関心を寄せていただいているとしたら、とてもうれしいです。

 

そしてあなたは、ひきこもりという悩みで辛く苦しい思いをしていらっしゃるのかも知れませんね。

 

そうだとしたら、私自身も息子の不登校・ひきこもりに悩み苦しんだ経験があるので、その辛さがとてもよく分かります。

 

どん底に沈んだまま、もう2度と浮き上がれないのではないだろうか・・・

 

この暗くて長いトンネルには、永遠に出口が無いのではないだろうか・・・

 

などと感じていた苦しい日々が、長期間続きました><

 

ところが・・・

 

どん底から浮き上がる方法があり、トンネルにはちゃんと出口がありました。

 

苦しみながらもあきらめずに歩き続けたからこそ、私は今、その経験を生かしてチェンジングカウンセラーとしての活動をしているのです^^

 

では、あなたと同じように悩み苦しんでいた私が、どうしてそこから抜け出せたのでしょうか。

 

それは、ひきこもりという悩みをチャンスに変えることができたから^^

 

あなたも私のように悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指してみたいと思いませんか?

 

そのために、きっとこのチェンジング・カウンセリングがあなたのお役に立つと思います^^

 

そこで今日は、チェンジング・カウンセリングがあなたに必要な理由についてお伝えしていきます。  

 

 

 

 

チェンジング・カウンセリングでできること

 

あなたは、カウンセリングに対してどんなイメージを持っていますか?

 

私たちが生まれた昭和から、平成・令和と時代もどんどん変わっています。

 

また、あちこちで『物質主義から、精神主義の時代に変化してきている』とも言われていますね。

 

【参考】物質主義

    精神主義

       ※出典:wikipedia

 

そんな時代の変化の中で、カウンセリングを受けることは、以前に比べるとだいぶ一般的になってきているようです。

 

実際、息子の不登校・ひきこもりで悩んでいた頃は、私自身も長期にわたってカウンセリングを受けていました。

 

そしてその体験を通して、実は悩みには2つの段階があるのではないかと、私は考えるようになったのです。

 

1つ目の段階は、分かりやすく表面化した悩み。

 

2つ目の段階は、その表面化した悩みのきっかけとも言える内面の課題です。

 

私の場合を例にあげると、まず1つ目の段階は息子の不登校・ひきこもり。

 

ところがその背景には、2つ目の段階である私自身の考え方や価値観の偏りが隠れていました。

 

そしてその偏りの原因は、ジェンダーの視点を知ることでより明確になって・・・

 

こうして私は、1つ目の段階に対してカウンセリングを始めとする学びを重ねることで、初めて2つ目の段階があることに気付いたのです。

 

それはカウンセリングを受けることで、自分を客観的に見ることが出来るようになったからだと考えています。

 

そして自分の課題に気付いた私は、偏った考え方や価値観と同時に、行動を変える練習を重ねていきました。

 

すると、私の変化とリンクするように息子の状態も改善へ向かい・・・

 

5年以上のひきこもりから抜け出し、今では社会人として元気に働いています^^

 

それまでは、どんなに息子を変えようと頑張ってもダメだったのに・・・(;’∀’)

 

つまり表面化した問題(息子)ではなく、私自身に焦点を当てたことが、結果的に息子の改善にも繋がっていったのです。

 

それは、私にとって人生最大の苦しみだった、息子の不登校・ひきこもりという悩みが解消したということ

 

だから、さまざまな悩みを抱えている方にとって、カウンセリングを受ける意味はとても大きいのではないかと私は感じています。

 

それは、自分自身を見つめる作業に同伴してくれる専門家がいるということだから(^^♪

 

例えば、自分がなんでこんなに生き辛いのか・・・

 

なんでこんなに毎日苦しいのか・・・

 

胸の奥にある、このモヤモヤしたものの正体は何なのか・・・

 

そんなことを自分1人で考えていたのでは、堂々巡りでなかなか前に進まない><

 

こういう経験が、あなたにもありませんか?

 

息子のひきこもりという悩みから始まって、私自身がクライエントだった時期もありましたが・・・

 

今の私は、チェンジングカウンセラーとして相談を受ける側の立場となっています。

 

実は以前、

 

「私にとって病院は薬を貰うところ。そしてここは、自分を見つめるために心の話をするところ」

 

と伝えてくれたクライアントの方がいらっしゃいました。

 

その方は、自分の中できっちり医療機関と相談機関の活用方法を、線引きしていたのでしょう。

 

それが良いか悪いか・・・

 

は別として、そういう考え方も確かにあるなぁと、とても興味深く感じたのでした。

 

そしてチェンジング・カウンセリングは、まさにその2つ目の段階での伴走をイメージしていただけると、分かりやすいと思います。

 

とは言え、最初の入り口はもちろん、私と同じようにひきこもりという悩みになるかも知れませんね。

 

でも、スタートがそこだとしても、目的はその奥にあるあなたを縛っているであろうものに気付くこと

 

そして、それを認め、受け入れ、今のあなたにとって不要であれば手放すこと

 

その為に必要なのは、ジェンダーの視点

 

そういうプロセスを経ながら、あなた自身の内面にある考え方や価値観にアプローチをしていくことで、行動の変容を目指すことまでできるのです。

 

【関連記事】息子がひきこもりから脱け出した方法

      ひきこもりという悩みをジェンダーの視点で考える

 

 

チェンジング・カウンセリングがあなたに必要な理由

 

チェンジング・カウンセリングは、あなたと私の2人で進めていきます。

 

当然、マンツーマンです^^

 

目的は、あなたがひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分』になること。

 

こうして出会う瞬間まで、全く違う場所で生きてきたあなたと私が、共通の目的に向かって一緒に歩き出すのです。

 

そしてそこにこそ、実は大きな意味があるのだと思います。

 

あなたの視点だけではなく、新たにチェンジングカウンセラーとしての私の視点が加わる。

 

それによって、そこから広がる新しい世界をあなたは知ることができるのです。

 

一緒に歩き出すと言っても、もちろん主役はあなたで、私はあくまでも、伴走者。

 

ところで、あなたは自転車に乗れますか?

 

乗れるとしたら、きっと今は自転車本体だけで走れていると思います^^

 

でも、自転車に乗る練習をした時には、補助輪を付けていませんでしたか?

 

その様子を、ちょっとイメージしてみてくださいね。

 

自転車の後輪の左右に2個ついていた補助輪が、上達するとともに1個になり・・・

 

やがて補助輪は不要になり、あなたは1人で上手に自転車を乗りこなせるようになったのです♪

 

実はこれが、あなたとチェンジングカウンセラーである私との関係を表しています。

 

あなたが自転車の本体で、私はあくまでも補助輪。

 

自転車をこぐのは、あなたですよね^^

 

そして私は、あなたが自転車をこいで向かっている目的の場所まで、一緒にサポートをする役目です。

 

安心して、あなたが目的地・・・つまり、“なりたい自分”に向かって進めるように(*^^*)

 

私が息子の不登校・ひきこもりで悩んでいた頃、友達に心の話をしても全く通じませんでした。

 

それどころか、「なんでそんなことまで考えるの?理解できない」と、ある意味拒絶されたことも・・・

 

分かって貰えないことで傷付き、私はとても悲しい思いをしました(´;ω;`)

 

あなたも、こういうことが結構ありませんか?

 

この経験から私は、こういう話をしてもいい人や場かどうかを、しっかり見極める必要があることを学びました。

 

あなたは今、ひきこもりという悩みで本当に苦しんでいることと思います><

 

ただでさえそうして傷付き、自信を失っているあなたに必要なのは、決して否定されない安心・安全な場

 

そしてあなたが安心して話せるのが、チェンジング・カウンセリングの場であり、チェンジングカウンセラーの私なのです。

 

あなたはしっかりと前を向き、安心して目的地に向かって自転車をこいでくださいね♪

 

すると、いつの間にかあなたはひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分』になっているのです^^

 

あなたには、未来のなりたい自分になっているあなたが見えていますか?

 

そのあなたは、いったい何をやっているでしょうか。

 

笑顔で、楽しく毎日を過ごしているのではないでしょうか^^

 

そういうあなたの未来のために、チェンジング・カウンセリングがあるのです。

 

いかがでしょうか?

 

今日は、チェンジング・カウンセリングがあなたに必要な理由についてお伝えしてきました。

 

あなたがチェンジング・カウンセリングについて、より興味を持っていただけたらうれしいです。

 

一日も早くあなたがひきこもりという悩みを手放し、なりたい自分になれることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、ひきこもりという悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です