ひきこもりだった息子がくれた“自由”というつばさ

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

 

このブログを読んでいただいているという事は、今あなたは、息子さんがひきこもっていることで悩んでいることと思います。

 

あなたは、ひきこもっている息子さんに「1日も早くひきこもりから抜け出して、自由になってもらいたい」と願っていますよね。

 

でも、自分にはどうすることもできず、ただただ、泣き崩れる毎日。

 

もしかしたらそんな状況の中で、本当に辛く苦しい思いを抱えていることと思います。

 

私も、渦中の頃はそうだったのでよく分かります。

 

ですが、安心してください。

 

今はひきこもっている息子さんも、きっと自由になれる日が来ると私は思います。

 

そのために、まず母親であるあなたが息子さんから“自由”というつばさを受け取ってくださいね。

 

お母さんが“自由”というつばさを受け取ることで、息子さんに良い影響を与えていき、やがて、息子さん自身も“自由”になっていけるからです。

 

そこで今日は、息子さんから受け取る“自由”というつばさとは何か?“自由”というつばさを受け取るにはどうすればいいのか?そして、“自由”というつばさを受け取るとどういうことが起きるのか?について、私の経験談も交えながらお伝えしていこうと思います。

 

 

息子がくれた“自由”というつばさとは何か?

 

まず、お母さんが息子さんから“自由”というつばさを受け取るとはどういうことなのか、そもそも、“自由”というつばさとは何かについてお話していきましょう。

 

私にとって息子の不登校・ひきこもりは、それまで想像したこともない、青天の霹靂とも言える出来事でした。

 

それはまさに、人生における『三つの坂』の一つで、“思いもよらない出来事がおきること”として例えられている、「まさか」の坂に直面したということ。

 

それも、私にとっては何の準備もせず、まるでハイキングのように気軽な格好で、富士山に登るような苦行でした。

 

でも、その現状を悩み苦しみながらも受け入れ「まさか」の坂を乗り越えようと歩き出したことで、後から気付いたのですが、私は何物にも代えがたいプレゼントを息子から貰っていました。

 

それが、《 どこでも自由に行けるつばさ 》だったのです。

 

あなたの息子さんも、もしかしたらあなたへのプレゼントを、その手の中にぎゅっと握りしめているのかも知れませんね

 

~詳しくは、こちらをご覧ください~

母親が我が子のひきこもりという悩みを乗り越える方法

 

息子から“自由”というつばさを受け取る方法

 

あなたも、息子さんから”自由”というつばさを受け取ることで、息子さんをひきこもりから救うためだけでなく、自分の楽しみのためにも、いろんな場所に自由に行けるようになりますね♪

 

だからあなたにも、息子さんからのプレゼント、”自由”というつばさを受け取っていただきたいです。

 

では、それは、どのようにしたら受け取ることができるのでしょうか?

 

実は、この”自由”というつばさを受け取るには、あなた自身を変えていく必要があるのです。

 

母親であるあなた自身の考え方を変えることによって、息子さんから素敵なプレゼントとして”自由”というつばさを受け取ることができるようになるのです。

 

そのためには、どのように考えを変えていけばいいのでしょうか?

 

それは、自分で自分を縛り、不自由に思っている考え方を変えていけばいいのです。

 

とは言え、じゃあどうすれば変えられるの?

 

と思われていると思いますので、過去の私のことを交えながらお伝えしていきたいと思います。

 

私が不自由だった理由  

 

息子の不登校・ひきこもりで悩む前の私は、たとえどこか行きたいところがあったとしても、一人で遠出をするということは滅多になかったです。

 

元々アウトドア派で、家にいるよりも外に出かけることが大好きだったのに、結婚してからの私はそういう気持ちを抑えるようになっていきました。

 

なぜなら、それは『良くないこと・単なるわがまま』だと思っていたからです。

 

更にその奥には「家族は、いつも一緒にいるべきである」という価値観が潜んでいました。

 

ところが、息子のことがあってから、それが激変!

 

ひきこもり改善のヒントを求めて

 

私は、息子の状態を何とか変えたいと思って、とにかくそのためのヒントを探し求めました。

 

不登校関連の講演会やセミナーなどがあれば、それが県外での開催だったとしても、一人で車を運転して出かけるようになったのです。

 

方向音痴の私が、当時はまだカーナビも搭載していない車に乗っていたけれど、迷子になりながらも必死に目的地を目指していたですね。

 

時には、関西・関東圏など飛行機に乗って行くこともありました。

 

とは言え、もちろん急にそんな風に変われたわけではありません。

 

少しの勇気の積み重ね

 

当時の私は「自分がなんとかしなきゃ」と、無我夢中でした。

 

でも、「家族は、いつも一緒にいるべきである」という価値観が、それを邪魔します。

 

そこで「〇〇県で不登校の講演会があるから、私はそこに行きたいと思う」とか「〇〇という先生がひきこもりの話をするから、ちょっと遠いけど聞きに行きたい」などと、いちいち夫に許可をもらう所からのスタートでした。

 

黙って行けばいいのに、当時の私にはそれが出来ませんでした。

 

少しずつ、勇気を出して夫にお願いしていました。

 

だけど、今振り返ると、この作業で私は、知らず知らずのうちに『自分の気持ちを夫に伝える』という練習を積み重ねていたのです。

 

そしてこれが、何よりとても大事なことでした。

 

許可をもらうということの意味

 

自分が行きたいところに行く。

 

それって、本当は自分で決められること・決めていいことなのだと、今の私は思います。

 

でもその当時の私にとっては、高いハードルでした><

 

だって、お金もかかるし、時間も使うし・・・

 

あなたも、そんな風に感じたことがありませんか?

 

結婚して子どもが生まれ、専業主婦になった私。

 

その後、子どもの成長とともにパートを渡り歩いていましたが、その条件としては夫の扶養から外れない程度の収入であることでした。

 

つまり、経済的に自立していない ⇒ 夫に依存している状態です。

 

そして私には、無意識にそのことへの負い目があったのでしょう。

 

養ってもらっているのだから、自分勝手なことをしてはいけない・・・

 

本当は、こう考えてしまう時点で、対等な夫婦関係ではなかったということなのですが><

 

当時は、そんなことすら気付いていなかったです。

 

それでも、こうして行動を積み重ねていくことで、結果として私は、息子から素敵なプレゼントを受け取ることが出来ました。

 

私に出来たのですから、あなたもきっと、息子さんから素敵なプレゼントを受け取ることが出来ると思います。

 

息子がくれた“自由”というつばさによって何が起きたのか?

 

では、最後に、”自由”というつばさを受け取ったことによって、私がどのように変わったのか、何が起きたのかについてお伝えしていこうと思います。

 

”自由”というつばさは、あなたの未来、息子さんの未来を劇的に変えてくれると、私は考えています。

 

そしてそれは、あなた自身が変わるからこその変化なのです。

 

あなた自身が変わることさえ出来れば、私と同じように自分らしく生きられる未来を手に入れることも出来るのです。

 

では、”自由”というつばさを受け取ったら、どのように変わったのか、どのようなことが起きたのかについてお話していきますね。

 

ここでお話するのは、私だから変われたのではなく、あなたも変われるということです。

 

夫のやさしさに気づけた

 

幸いなことに、夫と私は「息子のために、出来ることをしていこう」という考えは一致していて、同じ方向を向いて歩いていました。

 

そのため、「行きたい」という私の気持ちを伝えると、その都度「気を付けて行っておいで」と言って、いつでも夫は快く送り出してくれて。

 

高速道路を走るためにETCを車に付けられるようになった時も、夫は最初、自分の車には付けず、私の車にだけ取り付けたほどです(笑)

 

今思うと、私が1人で出かけることに関して、夫は特に拒否感を持っていたわけではないのに、私自身が勝手に卑屈になっていました。

 

何故なら、月並みな言葉ですが、《良い妻・良い母・良い嫁であるべき》という価値観に、私自身が強く捉われていただけのことだったのです。

 

だから、”自由”というつばさを受け取ったことで、いつの間にか、素直に夫のやさしさに気付くことの出来る私に変わっていたのです。

 

1人で出かけることが当たり前に

 

“息子の不登校・ひきこもりを何とかしたい”という一心でしたが、そうこうしているうちに、いつの間にか私は、家族を置いて1人で出かけるようになっていたのです。

 

きっかけは、息子の不登校・ひきこもりに関する情報を仕入れるためでしたが、それが徐々に自分の楽しみのためにも出かけられるようになっていきました。

 

もちろん、少しずつですが(^_-)-☆

 

それは、何故だと思いますか?

 

私は、私自身が持つ自分の価値観を変えていったのです。

 

と言うか、変えざるを得ない状況でした。

 

自分の役割に優先順位をつける

 

そんな中で私がやったことは、実にシンプルなことでした。

 

自分の気持ちに従って、妻や嫁という役割よりも、母という役割を優先しただけだったのです。

 

それまでは、出来もしないのに自分で全てを完璧にやろうと頑張るから、無理が生じてひずみとなっていました。

 

だからこそ《今一番大事にしたいのは何か》をきちんと考えました。

 

もちろん、そのためには捨てたものもたくさんあります。

 

今の私に要る?要らない?

 

長い間生きる中で身に着けてきた、沢山の価値観や考え方。

 

確かにそれらが、ありがたくも今までの私を支えてくれたから、生きて来られました。

 

でも、その価値観が「今の私には必要なのかな?」ということを自分に質問し再考、必要ないと判断したものは「今までありがとう」という感謝とともに、手放していきました。

 

その中で一番大きかったのは【良い人仮面】です。

 

泣きながら、苦しみながら、あまりの痛みに悲鳴をあげながらも少しずつ手放していきました。

 

何度も何度も・・・そして今もまだ、手放している最中です。

 

いつの間にか、むくむくと復活してきているのだから手に負えない><

 

でも生きていればこそ、ですよね。

 

あなたももしかしたら、何枚もの【良い人仮面】を、かぶってないですか?

 

そしてそれによって、苦しい思いをしていませんか?

 

大丈夫ですか?

 

手放したからこそ手に入れられたもの

 

その時その時の自分に不必要な価値観を手放していったおかげで、今の私はどこかに行きたいと思ったら、そのまままずチケットの手配をしちゃいます(^^♪

 

あんなに夫の許可を求めていた私ですが・・・(笑)

 

そして家族には「〇〇日から〇〇日まで、私は旅行に行ってていませんので宜しくです」と事後報告のみ。

 

息子からの贈り物は、いつでも会いたい人のところや行きたいところに自由に行けるつばさ だったのです。

 

息子のひきこもりで悩む前の私が今の私を見たら、びっくりして腰を抜かすかもしれません(笑)

 

自由になったからこそ、当時の自分がどれだけ不自由だったのか、どれだけ自分の気持ちにうそをつき、我慢しながら苦しい思いをしてきたのかということが分かったし、行動だけでなくその奥の考え方自体が縛られていたということも分かりました。

 

いかかでしょうか?

 

あなたにとって、自由ってどういう状態ですか?

 

あなたもかつての私のように、自分の気持ちにうそをつき、我慢しながら苦しい思いをして日々をやり過ごしていませんか?

 

今日は、息子さんから受け取る“自由”というつばさとは何か?“自由”というつばさを受け取るにはどうすればいいのか?そして、“自由”というつばさを受け取るとどういうことが起きるのか?について、私の経験談も交えながらお伝えしてきました。

 

あなたは、自由に行きたいところに行っていますか?

 

あなたは、自由に会いたい人に会いに行けますか?

 

もしそうでなかったら、あなたもあなたを不自由にしているもの、あなたを縛っているものを、少しずつ手放してみませんか?

 

それによって、あなたも“自由”というつばさを手に入れられるのですから(^_-)-☆

 

そしてそれが、息子さんが“自由”になっていくことにも繋がっていくのですから♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、息子さんがひきこもっていることで悩んでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です