親子関係を改善するために必要なこと

 

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラー®の平井いずみです。

 

この記事を読んでいただいているということは、あなたはお子さんとの関係で悩んでおられるのでしょうか?

 

お子さんは、何歳ですか?

 

もしかすると、不登校・ひきこもりの状態にあるのかもしれませんね(>_<)

 

そうだとすると、本当に親子関係の改善が急務になってくるはずです。

 

お子さんは、自分の部屋に閉じこもりっぱなしですか?

 

それとも、家族のいるリビングまでは、出て来られるのでしょうか?

 

どちらにしても、親としては心配でたまらないですよね><

 

実は私にも、不登校からひきこもりになったことのある息子がいます。

 

その頃は本当に苦しくて、息をするのも辛い日々を送っていて・・・

 

だから、あなたの悩みの深さが、とてもよく分かります(>_<)

 

辛いですね。

 

苦しいですね。

 

でも、大丈夫です。

 

私自身、色々学びながら、親子関係の再構築をしてきました。

 

その中で、私自身が縛られていたさまざまな価値観や思い込みを手放すうちに、息子も動き始めたのです。

 

今では社会人として、しっかり働いています。

 

きっとあなたのお子さんにも、そういう日が来るはず(*^^*)

 

では、そのためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

そこで今日は、親子関係を改善するために必要なことというテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

親子の関係性が悪いのはなぜか

 

それではまず、親子の関係性が悪いのはなぜなのかについて、考えていきましょう。

 

それは、親子の間に信頼関係が無いからです。

 

そうすると、お子さんは当然本当のことを言わないですよね。

 

本音を隠して、うわべだけの会話しかしない状況になります(>_<)

 

とは言え、うわべだけでも会話があれば、まだ良いですね(-_-;)

 

たとえば・・・

 

まったく口をきかない。

 

会話は全て、お子さんからの一方通行の要求だけ。

 

親の作ったものは食べない。

 

家族との接触を避ける・・・

 

本当に、さまざまな状況が起きてきます。

 

さらに、それらはすべて、親子関係をより悪化させていくのです><

 

 

親子関係を改善するために必要なこと

 

それでは、親子関係を改善するために必要なことは何でしょうか?

 

大前提として、まずあなたが考えないといけないのは

 

『あなた自身が、お子さんから信頼されるようになる』こと。

 

おそらく今までは、その逆だったのではないでしょうか。

 

『あなたが、お子さんのことを信じられない』と言う立ち位置にいらっしゃったのではありませんか?

 

実は私自身も、そうでした(>_<)

 

息子が嘘をついたりすることで、

 

「いつになったら、この子を信じられるんだろう」

 

と、思い続けていました。

 

でも、そうではなかったのです(><)

 

私が、息子から信頼されていないという事実。

 

だから、本音を伝えてもらえない(-_-;)

 

これをしっかりと受け止めることが、親子関係修復のスタートでした。

 

答えは、息子が持っていたのです。

 

そして、息子に信頼される母親になる。

 

そこが、私にとっての目指すべきゴールになりました。

 

あなたの場合は、どうでしょうか?

 

あなたはお子さんから、信頼されているでしょうか?

 

あなたがお子さんを責めるところから離れないと、まず親子関係再構築のための、スタートの位置にも立てないのです。

 

そのことを、しっかりと意識しておいてください。

 

それではここで、お子さんに信頼されるようになるために必要なことを、2つお伝えしていきます。

 

 

自分の価値観に捉われない

 

1つ目は、自分の価値観に捉われないということ。

 

つまり、『理想の母親像』を手放すことです。

 

いきなりですが、ここでちょっと厳しい質問です><

 

「あなたは、お子さんの力を奪っていませんか?」

 

これって、

 

『すごく耳が痛い』と感じる人もいれば、

 

『どういう意味か分からない』という人も、いらっしゃるかもしれません。

 

実は、私たち女性は、家族の世話をする役割を社会から期待されています。

 

いわゆる、『ケア役割』で、家事や育児・介護など、他者の世話をすることですね。

 

そして、どれだけ世話をしたか。

 

どれだけ手をかけたか。

 

というところに焦点が当たり、それが母親としての評価につながる傾向にあると思いませんか?

 

だから、本当は子ども自身にやらせていくべきことまで、手をかけてやってしまう・・・

 

そんな状況が、あるのだと思います(-_-;)

 

実は私自身、そうでした><

 

息子が本来、自分で経験をすることから学んでいくべきことをさせずに、私が理想の母親像に近づくように頑張ってしまっていたのです(;’∀’)

 

頑張る方向、違いすぎだって><

 

それによって苦しくなった息子は、不登校・ひきこもりという状況で、私にSOSを出してきたのだと今は考えています。

 

このように、大きなサインをお子さんが出す前に、あなたが理想の母親像という価値観を手放すことができたとしたら、どうでしょうか。

 

これから先、違う状況になっていけるかもしれません。

 

そのために必要なのは、あなた自身が自分の子育てを見つめ直すこと。

 

あなた自身の『理想の母親像』という価値観を、手放すことなのです。

 

このように、

性別というジェンダーの視点で悩みに切り込み、

ものの考え方や価値観を振り返りながら、

行動を変えていくのが

チェンジング・カウンセリング®独自の特徴です。

 

あなたも、あなたの抱えている悩みの解消に、

チェンジング・カウンセリング®を取り入れてみませんか?

『チェンジング・カウンセリング®』無料メール講座

『チェンジング・カウンセリング®』料金メニュー

 

【参考記事】

チェンジング・カウンセリング®のカリキュラムの内容とは?

チェンジング・カウンセリング®があなたに必要な理由

チェンジング・カウンセリング®とは何か?その全体像とは?

 

 

子どもに選択権を持たせる

 

2つ目は、子どもに選択権を持たせるということ。

 

あなたが、自分の中にある『理想の母親像』という価値観を手放すことで、まっとうな子育てをするという執着も手放せるはずです。

 

そうするとあなたは、お子さん本来の姿を認められるようになっていきます。

 

やがてお子さんは、あなたの変化に気付くでしょう。

 

すると、自分の考えを伝えても、否定されないことが分かってくるはずです。

 

だからこそ、何か気になることがあった時には

 

「あなたはどうしたいの?」

 

「あなたは、どう考えているの?」

 

まずは、お子さんの気持ちや考えを聞いてみてください。

 

そして、お子さんが自分の考えを話してくれたら、

 

「あなたは、そう考えているのね」

 

と、いったん受けとめてから、そのあとで親としての意見を伝えます。

 

ただし、親の意見を受け入れるかどうかは、お子さん次第。

 

だって、お子さんの人生の主役は、お子さん自身なのだから・・・

 

もしあなたの中に、『子どもは親の言うことをなんでも聞くべき』という価値観があったとしたら・・・

 

それも、手放してくださいね(*^^*)

 

いかがでしょうか?

 

今日は、親子関係を改善するために必要なことというテーマでお伝えしてきました。

 

親子関係を再構築するために何よりも大切なのは、お子さんから信頼される親になることです。

 

では、そのために必要なのは何だと思いますか?

 

それは、あなたがあなた自身を信じることです。

 

あなたが、あなたであることを信じるのです(*^^*)

 

~~が出来るから・・・

 

~~を持っているから・・・

 

などという理由付けは、必要ありません。

 

あなたがあなただから。

 

そう、自分を信じてください。

 

そんなあなたのお子さんなんだから、お子さんを信じてください(*^^*)

 

こうやって意識が変わっていくことで、あなたとお子さんの親子関係は、きっと良い方向に向かっていくはずです^^

 

笑顔で楽しい会話を交わしている、あなたとお子さんの様子を思い浮かべてみてください。

 

どんな気持ちになりますか?

 

なんだか、胸の辺りがほのぼのと暖かくなってきませんか?

 

あなたのこれからの選択次第では、その状態を手に入れることが出来るのです。

 

自分を信じて、いっぽずつ進んでいきましょうね。

 

あなたが1日も早く、親子関係を改善したいという悩みから解放されることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、親子関係を改善したいという悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です