息子の不登校・ひきこもりで私が得たもの(後編)

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

 

今日は、前回のブログ「息子の不登校・ひきこもりで私が得たもの」の後編をお伝えしていきます。

 

実は私には、5年以上ひきこもりだった息子がいます。

 

そして、私にとって息子の不登校・ひきこもりが、人生最大の悩みだったのですが・・・

 

結果的にこの出来事は、私の人生にミラクルを起こしてくれることになりました(^ ^)

 

でも、当時は本当に、辛くて辛くて・・・

 

息子の将来のことを考えると、私の中には不安しかありませんでした><

 

嫌な思い、辛い思い、悲しい思い、恥ずかしい思い、悔しい思い、情けない思い・・・

 

ありとあらゆる、マイナスの感情を味わい尽くしながら、何とか苦しい日々をやり過ごしていた私><

 

でも、その結果として、今、私がやっているのが、このチェンジングカウンセラーとしての活動です。

 

『大変な』思いをしたということは・・・

 

ある意味、私にとっては『大きく変わるチャンス』でもありました。

 

そして、息子のひきこもりという悩みによって、実際私の人生は、大きく変わっていって・・・

 

それは、この出来事によって得たものが、私にはたくさんあったからです(*^^*)

 

息子の不登校・ひきこもりという悩みで私が得たものとして、前編では、

 

『人とのつながり』

 

『仕事選びでの自分軸』

 

『人に頼ること』

 

という3つの項目を、お伝えしました。

 

それでは今日は、「息子の不登校・ひきこもりで私が得たもの」というテーマの後編を、お伝えしていきます。

 

【参考記事】

息子の不登校・ひきこもりで私が得たもの(前編)

 

 

息子の不登校・ひきこもりで私が得たもの

 

それでは、息子の不登校・ひきこもりで私が得たものから、残りの3つの項目についてお伝えしていきます。

 

 

“自由”というつばさ

 

4つ目は、自由“”というつばさです。

 

これは何かというと、家族にこだわらず、自分1人でも出かけられる勇気です^^

 

結婚してからの私は、どこか行きたいところがあったとしても、『家族という単位』を優先していました。

 

もちろん、友達とランチに行ったり、ドライブに行ったり・・・

 

そんなことは、普通にしてたけれど。

 

だって、それ位なら、わずか数時間のことなので、食事の準備さえしておけば、家族に迷惑をかけずに済むからです(;’∀’)

 

私にとってのハードルは、なんと言っても家を空けること。

 

それは、なぜなのでしょうか?

 

それは、私が家族のケア役割を担う、女性だからなのです><

 

これって、どういうことでしょうか。

 

実は私の中には、『良い妻』『良い母』としての『女性としてのあるべき理想像に固執する私』がいました(-_-;)

 

さらに、家族は一緒にいるべきという価値観。

 

こんなものにも、私は縛られていたのです><

 

これが強いと、家族を置いて自分だけ家を空け、楽しむことに罪悪感を覚えてしまう訳ですね(-_-;)

 

それなら、出かけないで我慢する。

 

私のどこかに、そうやって自分を抑える気持ちが、強くあったのだと思います。

 

そんな私に、今まで生きてきた中で、最大級の衝撃的な出来事が起こりました。

 

それが、息子の不登校・ひきこもり・・・><

 

でも、この出来事をきっかけに、私の生き方はガラッと変わりました。

 

私は、1人でも出かけられる勇気を手に入れたのです。

 

覚悟をしたら、いつの間にか出かけられるようになっていました^^

 

そして、家族単位にこだわらずに行動していいんだ、ということも知りました。

 

勝手に「ダメだ」と思い込んでいたのは、私だったのです(;’∀’)

 

今では、いつでも行きたいところに行き、会いたい人に会う。

 

そんな“自由”というつばさを、私は手に入れています(*^^*)

 

【参考記事】

ひきこもりだった息子がくれた“自由”というつばさ

 

 

自分をゆるすこと

 

5つ目は、自分をゆるすことです。

 

以前の私は、自己否定が強く、何をやってもダメだと自分を責めるタイプでした。

 

自分のことが好きになれず、出来ない所にばかり目を向けて…

 

そして、自信がないから、周りの人に文句を言われないように、何もかも完璧にやろうとする><

 

何とかうまくやりこなそうと、必死でした。

 

そうやって、がんばり続けていたのです。

 

だけど、息子のことがあってから、そんな私でも変わることが出来ました。

 

出来ない自分をゆるす練習を重ねることで、自分にOK^^を出すことが、少しずつ出来るようになっていったのです。

 

『失敗をすることが許されない』と考えていると、それが緊張につながっていく。

 

そして、結果的に失敗してしまう・・・

 

そんな経験が、あなたにもありませんか?

 

大切なのは、失敗しても大丈夫と思える気持ちの余裕。

 

そして、出来ない自分を責めるのではなく、ゆるしてあげること^^

 

そのことの大切さを知ってから、少しずつ自分を受け容れられるように、私自身も変わっていけたのです。

 

もちろん今も、修行中。

 

生きている限り、日々、私の修行は続きます(^_-)-☆

 

 

ジェンダーの視点

 

6つ目は、ジェンダーの視点です。

 

息子の不登校・ひきこもりという悩みを抱えた私は、さまざまな学びを深めていきました。

 

その中でも、1番大きな影響を与えてもらったのが、まさにジェンダーの視点。

 

実は、これを知ったことが、私の価値観や考え方を変えることができた最大のきっかけだと、私は思っています。

 

だから、ここまで『私が得たもの』として、ご紹介してきたものがあるのです^^

 

それぐらい、私にとっては大きな気付きでした。

 

もちろん、最初からジェンダーの視点を知っていたわけではありません。

 

いろいろ試行錯誤しながら、私なりに学び続けたことで出会うことが出来ました。

 

あっちこっち、回り道をしながらも、私はあきらめなかったのです。

 

だからこそ、このジェンダーの視点にたどり着きました(*^^*)

 

そして、私がここまで来れたのは、それによってそれまでの自分の苦しみの原因が分かったから・・・

 

私は、無理をしてまで、過剰に自分を縛り過ぎていたのです><

 

バランス・・・

 

折り合いをつける。

 

その大切さを、しみじみと感じています。

 

あなたも、もしかしたらこのジェンダーの視点を学ぶことで、今の苦しい状況から抜け出すきっかけを持てるかもしれませんね。

 

このように、性別というジェンダーの視点で悩みに切り込んでいくのが、ほかのカウンセリングにはない、チェンジング・カウンセリング独自の特徴です。

 

あなたも、あなたの抱えている悩みの解消に、ジェンダーの視点を取り入れてみませんか?

『チェンジング・カウンセリング』料金メニュー

 

【参考記事】

チェンジング・カウンセリングのカリキュラムの内容とは?

チェンジング・カウンセリングがあなたに必要な理由

チェンジング・カウンセリングとは何か?その全体像とは?

 

いかがでしょうか?

 

今日は、「息子の不登校・ひきこもりで私が得たもの」というテーマの後編をお伝えしてきました。

 

ここに挙げたもの以外にも、本当にたくさんのものを、私はこの悩みから得ることが出来たのです。

 

『ものごとには、1つの側面しかない』

 

と思っていたら、今のチェンジングカウンセラーの私はいませんでした。

 

『ものごとを、いろんな視点から見ていく』ことの大切さを学べたこと。

 

そして同時に、自分の選択次第で、今の私には不要な『価値観・固定観念』などを手放し、新しく書き換えられることを知ったこと。

 

それが結果的には、とても辛かった息子の不登校・ひきこもりという悩み・・・

 

そこから、私にとってはポジティブな側面も見い出すことができたのです。

 

あなたも、ちょっと深呼吸をして、気持ちを切り替えてみてください。

 

そしてゆっくり、あなたの周りを見回してみてね^^

 

そこには、私が見付けられたように、あなたにとって良い影響を与えてくれる側面が、きっといくつもあるはずです(*^^*)

 

そしてそれを見付けることが出来たとき、あなたの人生は大きく変わっていくはず。

 

そう考えると、ちょっと気持ちが楽になりませんか?

 

あなたの人生は、あなたのもの。

 

これから先の人生を、どう生きていくのか。

 

それは、あなた次第だということを、意識してみてくださいね。

 

自分の人生の責任を、自分自身で取ること。

 

それが、とても大切なのです(*^^*)

 

あなたが1日も早く、ひきこもりという悩みから解放されることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、ひきこもりという悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です