【ひきこもりに悩む45歳の私へ(4)】~不幸な出来事は、新しい生き方への試練~

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラー®の平井いずみです。

 

今日は、

【ひきこもりに悩む45歳の私へ(1)】~だいじょうぶ~

【ひきこもりに悩む45歳の私へ(2)】~あなたは1人ではないよ~

【ひきこもりに悩む45歳の私へ(3)】~あなたは悪くないんだよ~

の記事に引き続き、第4弾をお伝えしていきます。

 

このブログを読んでいただいているということは、

あなたには、ひきこもりという悩みがあるのでしょうか?

 

そして、今の状態を不幸だと感じて苦しい・・・

 

実は私も、ひきこもりで悩み、

とても辛く苦しい日々を過ごした経験があります。

 

それは、息子の不登校・ひきこもり><

 

どうしてこんなに不幸なことが

突然、私の身に起きてしまったんだろう・・・

 

息子が不登校になった当初、

私は、このように考えていたのです。

 

そんな時に、

偶然友達と行った講演会で聞いた、

 

「不幸な出来事は、新しい生き方への試練」

 

この言葉にチカラを貰って、

私は、何とかここまで

たどり着くことが出来たと感じています。

 

だから、改めて、

悩み苦しんでいた当時の私に対して、

そしてそれは、同時に

今現実に、悩み苦しんでいるあなたにも、

この言葉を今の私から、贈ってみたいと思います^^

 

ということで、今日は

【ひきこもりに悩む45歳の私へ(4)】~不幸な出来事は、新しい生き方への試練~

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

【ひきこもりに悩む45歳の私へ(4)】

 

それでは、本当に辛くてたまらなかった頃の私が、

当時かけてもらいたかった言葉

当時かけてもらって嬉しかった言葉を

お伝えするシリーズの、第4弾です(^ ^)

 

 

不幸な出来事は、新しい生き方への試練

 

4つ目は、

「不幸な出来事は、新しい生き方への試練」です。

 

私が行った講演会の講師は・・・

 

確か記憶では、当時98歳!

 

でも手帳には、2年先まで

予定が詰まっていると話しておられました。

 

ここまで読むと、何となくあなたには

私が誰の講演会に行ったのか、お分かりではありませんか?

 

そうです(^-^)

 

それは、聖路加病院の

日野原重明先生の講演会でした。

 

残念ながら日野原先生は、

2017年にお亡くなりになりましたが、

先生の講演会にご縁を頂いたことは、

当時の私にとってすごく大きな意味がありました。

 

初めて聞いた、

新老人の会』の話に大笑い(*^^*)

 

だって・・・

75歳以上:「シニア会員」

75歳未満:「ジュニア会員」

60歳未満:「サポート会員」

なんだそうで^^

 

当時、40代だった私達は、

「まだまだ自分たち、ひよっこね~」

そう言って、大笑いしたのです。

 

あ、今の私!?

 

「サポート会員」で~す^^

 

って、ちょっと言いたいことが

ズレてしまいました(;’∀’)

 

実は、私・・・

講演会に行ってお話を聞かせて頂くまで

先生のお名前と、

100歳近い年齢で、まだ現役のお医者さんとして活躍!

というくらいしか、知らなくて(;’∀’)

 

でも、1時間以上立ちっ放しで、

原稿もほとんど見ずに色んな話をして下さる先生に

ほんとうに感動しました。

 

その中で私の心に一番響いたのが

今日、あなたに伝えたい言葉なのです。

 

実は、日野原先生は、

1970年に、よど号ハイジャック事件に遭ったそうです><

 

びっくりですよね!

 

しかも、そんなあり得ない体験をしたのに、

解放され、生かされたことから、

自分の命について『与えられた命』という考え方に変化。

 

「これからの私の人生は、誰かのために使う」

と、人のために捧げる決意をされたのだそうです。

 

そして、

このよど号ハイジャック事件から生還したことで

『不幸な出来事は、新しい生き方への試練』

として、自分自身の意味付けが変わった。

 

人は、今までの考え方を変えれば、

逆境を前進に変えられる。

 

逆境は、やがて立ち上がるために必要な時期。

この時、一番ありがたいのが、

同じような経験をした友達の支え。

 

つまり、

今の自分の苦しい経験が、

その後の友達の為に活かされる。

 

このように、おっしゃったのです。

 

この当時、私の中では間違いなく

『最大の不幸』だった

息子の不登校・ひきこもりという悩み。

 

その意味付けが、この話を聞いてから、

少しずつ変わっていきました。

 

そして、まさに

先輩お母さんたちに助けられていた自分自身が、

後から来る友達のために・・・

後から来る誰かのために・・・

後から来る仲間のために頑張ろうと、思えたのです。

 

すると、心が少し穏やかになって・・・

 

結果的に、もちろん

それからも紆余曲折ありましたが・・・

 

でも、まさにその通りの人生を歩くために

私は情報を得ようと動き出し、

それが、現在の活動にまで繋がっています。

 

このように、

性別というジェンダーの視点で悩みに切り込み、

ものの考え方や価値観を振り返りながら、

行動を変えていくのが

チェンジング・カウンセリング®独自の特徴です。

 

あなたも、あなたの抱えている悩みの解消に、

チェンジング・カウンセリング®を取り入れてみませんか?

『チェンジング・カウンセリング®』無料メール講座

『チェンジング・カウンセリング®』料金メニュー

 

【参考記事】

チェンジング・カウンセリング®のカリキュラムの内容とは?

チェンジング・カウンセリング®があなたに必要な理由

チェンジング・カウンセリング®とは何か?その全体像とは?

 

いかがでしょうか?

 

今日は、

【ひきこもりに悩む45歳の私へ(4)】~不幸な出来事は、新しい生き方への試練~

というテーマでお伝えしてきました。

 

今日の一番のポイントは、

出来事に対して意味付けをしているのは、

自分自身だということ。

 

自分の価値観で、その出来事に意味を持たせている。

 

不幸だったり、

幸せだったり・・・ですね。

 

だから、辛い出来事を不幸と捉えるのではなく、

『新しい生き方を得るための試練』と捉えてみる。

 

その、発想の転換ができるかどうか。

 

それが、自分自身を少しでも解放し、

穏やかな気持ちにさせてあげられるかどうかの

違いを生むのだろうと思います。

 

日野原先生は、

こうもおっしゃっていました。

 

生き方を変える一つの手段として、

歩き方を変える。

 

上を向いて、

かかとから踏み出して歩く。

 

私もそうでしたが、悩みがあると、

どうしても下を向いてとぼとぼと、

元気なく歩いてしまいがちですね(-_-;)

 

そこで、その状況を変えていくために、

私は、意識して上を向いて歩くようにしていました。

 

これなら、すぐに出来ますね。

 

まずは、形から入れば大丈夫^^

 

あなたも、もし下を向いて歩いているなら・・・

 

今日一日、

試しに上を向いてかかとから踏み出し

歩いてみてくださいね(*^^*)

 

そうすると、気持ちに少し

変化が訪れるかも知れないですね^^

 

それでは、大きな声で私からあなたに伝えます^^

 

ちゃんと受け取ってね(*^^*)

 

「不幸な出来事は、

新しい生き方への試練なんだよ^^

 

もし、今あなたも、

息子さんのひきこもりで悩んでいるなら、

今日のこの言葉であなたの気持ちが

少しでも安らげますように・・・

 

そして・・・

 

息子さんのひきこもりだけではなく

他にもさまざまな悩みを抱えて

辛い状況にいる女性達がいらっしゃることを、

私は知っています。

 

そんな多くの悩める女性達が

『今ここ』だけでも

心穏やかでいられることを願っています。

 

すべてはまだ、途中経過。

 

今の状態が、永遠に続くわけではありません。

 

とは言っても・・・

 

何もしなければ、

何も変わらないかも知れない。

 

たとえ行動しても、

その行動が吉と出るか凶と出るか。

それは動いてみなければ分からない。

 

でも、出た結果を吉と取るか凶と取るか、

それは勝手に私たち自身が主観で決めていること(;’∀’)

 

凶と思えたことが実際には吉だったり、

またその逆だって当然ありますね。

 

私自身も、人生最大の不幸な出来事と思っていた

『息子の不登校・ひきこもりという悩み』が

結果的には最高のプレゼントに変わりました。

 

ここまでの道のりの中で、

1ミリも動けず泣き崩れていた時期も

もちろんある。

 

でも、少しずつ、少しずつ

自分で考え、選択し

あきらめずに行動してきたことが、

今の私に繋がっています。

 

これが、紛れもない事実。

 

では、あなたは、今から先の人生を

どう過ごしていきますか?

 

あなたの今の選択で、

それが大きく変わっていくのです(*^^*)

 

【参考記事】

息子の不登校・ひきこもりで私が得たもの(前編)

息子の不登校・ひきこもりで私が得たもの(後編)

 

あなたが1日も早く、苦しみから解放されることを願っています。

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、ひきこもりという悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です