怒りの感情をもてあました時の対処法

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラー®の平井いずみです。

 

「怒り」は、とってもやっかいですよね(;’∀’)

 

自分でも持て余してしまう・・・あなたも、そんなことがあったりしませんか?

 

まるで、何かのスイッチが入ったかのように、あっという間に怒りが爆発して暴走する。

 

こうなると、それはもう本当に大変で><

 

周りの大切な人を傷つけたり、自分自身を傷つけてしまうこともありますね。

 

だからといって、怒りを「抑えつければいい」ということではありません。

 

抑えこもうとすればするほど、逆に怒りって、ふくらんでしまうものなのだから(;^ω^)

 

しかも、抑え込んだりため込んだりすると、今度は肩こりや不眠、高血圧・食欲不振など

身体にさまざまな不調を起こしてしまうことだってあります。

 

そして、次第に心が病んでいく・・・

 

そうなったら、取り返しがつきませんね><

 

だからこそ私たちは、しっかりと怒りの対処法を知っておく必要があるのです。

 

そこで今日は、

「怒りの感情をもてあました時の対処法」

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

怒りの感情をもてあました時の対処法

 

それではここから、怒りの感情をもてあましたときの対処法について

2つのステップに分けてお伝えしていきます。

 

怒りを無かったことにしない

 

まず1つ目のステップは、その怒りを無かったことにしないことです。

 

これは、とても大切です。

 

私たちは成長してくる中で、『感情』についての勉強は、特にしていませんよね。

 

時間割に、国語、算数、理科、社会などと一緒に『感情』の時間はありましたか?

 

無かったですよね(;’∀’)

 

それなのに、『負の感情は良くないもの』と、なぜか私たちは学んできています(;’∀’)

 

というか、そもそも感情に『負』も『正』もあるのか!?って感じですが・・・

 

だって感情は、私たちにとって単なる生理現象の一つというだけ。

 

ところが、その当たり前にある生理現象の中の『怒り』に対して、

「外に出してはいけないもの」という考え方を、

知らず知らずのうちに自分の中に刷り込んできている人がとても多いのです。

 

不思議ですよね!?

 

もちろん、私もそうでした(-_-;)

 

あなたは、いかがでしょうか?

 

私たちは「外に出してはいけないもの」だから、

怒りを抑え込もうとしたり、無かったことにしようとしたりしてしまいがちになるのです。

 

でも、無かったことにしようとしても

実際自分の中に『怒りがある』という事実は消えません。

 

ということは、いつまでも身体に溜まったままで、くすぶり続けてしまうということ。

 

つまり、これでは根本的な解消にはならないのです。

 

それなら、怒りの感情が出て来た時はどうすればいいのでしょうか?

 

 

怒りの奥にあるほんとうの理由を見つける

 

1つ目のステップ、怒りを無かったことにせずにちゃんと向き合うことで

次のステップに進むことが出来ます。

 

2つ目のステップでやることは、怒りの奥にあるほんとうの理由を見つけることです。

 

実は私たちが怒る時って、その怒りの下にもっともっと大切な感情が隠れているんですね。

 

たとえば、信頼していた知り合いに悪口を言われたとしましょう。

 

そりゃ~、「こんなに信じていたのに!」と、腹が立つのももっともなことです。

 

だからそれで終わりにしてしまうと、次のステップには進めませんね(;’∀’)

 

2ステップ目に進むために、その時にそ~っと自分の心の中を覗いてみると、

「裏切られて悲しい・・・」という奥の気持ちが見つかったりします。

 

実は、これがあなたの宝物!

 

と言うのも、その宝物が見つかることで

「そっか~悲しかったんだね・・・」と、自分で自分に寄り添ってあげられるのです。

 

自分の本当の気持ちに寄り添うことで、

実に不思議だけど、何だか怒りが小さくなっていく気がする・・・

 

でも、ついついその「悲しいという大切な気持ち」をすっ飛ばして、

怒りモードで戦ってしまうのが今までのやり方だったのではないでしょうか?

 

だからこうして、よ~く自分の中を観察すると、

このように怒りのスイッチを押してしまうもっと大切な感情が、その奥に隠れていることに気付くのです。

 

それに気付くことが、とても大切!

 

あなたも、ちょっと思い出してみてください。

 

最近、何か怒ったことがありますか?

 

ふつふつと、怒りがわいてくるようなできごと。

 

その時のことを、ちょっと思い出してみてください。

 

その怒りは、何がきっかけで出て来ましたか?

 

そして・・・

その時あなたの怒りのスイッチを押してしまった、大切な感情はなんだったのでしょうか?

 

このように、

ものの考え方や価値観を振り返りながら、行動を変えていくのが

チェンジング・カウンセリング®独自の特徴です。

 

あなたも、あなたの抱えている悩みの解消に、

チェンジング・カウンセリング®取り入れてみませんか?

 

『チェンジング・カウンセリング®』無料メール講座

 

【参考記事】

チェンジング・カウンセリング®のカリキュラムの内容とは?

チェンジング・カウンセリング®があなたに必要な理由

チェンジング・カウンセリング®とは何か?その全体像とは?

 

いかがでしょうか?

 

今日は、

「怒りの感情をもてあました時の対処法」

というテーマでお伝えしてきました。

 

「怒り」の感情は、決して邪魔者なわけではありません。

 

それに我慢ばかりしていては、あなたの感受性が鈍ってしまう><

 

「怒り」は、大切な大切な私たちの感情の1つです。

 

ただ、やみくもに出すのではなく、場所や相手を考える必要はあるかも知れませんね。

 

また、怒った自分を否定する必要もありません。

 

それは、あなたが健全な証拠です。

 

だって、怒るだけの理由が自分にはあったということ。

 

それに、怒りがあるから、それをエネルギーにして前に進む力が出てくることだってあります。

 

だからこそ、しっかりと「怒ってもいいんだよ」と自分に許可してあげることが必要です。

 

そんな自分を、あなたはちゃんと肯定して受け入れてあげてくださいね。

 

どんな自分にも、花丸をつけてあげること。

 

それが逆に、あなたの怒りのスイッチを押す回数を減らすことに繋がっているかも知れませんね(^_-)-☆

 

あなたが1日も早く、

今、抱えている悩みから解放されることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、今、抱えている悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング®』がお役に立てると思います~

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導くチェンジング・カウンセリング®

「女性としての役割」や「女らしさ」に囚われ、
「こうしなきゃ!」と自分を追い詰めて苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そのために大切な視点が「女性としての役割」や「女らしさ」への囚われ。それが「こうしなきゃ!」と、自分で自分を追い詰めてしまうことに繋がっているからです。

あなたも自分の中に隠れているその視点に気付き、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していく方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA