自分を好きになれなくて悩んでいる時の対処法

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

 

このブログを読んでいただいているということは、あなたは自分のことを好きになれずに、悩んでいるのでしょうか?

 

私自身も、「自分のことが好きになれない」と感じていた時期が長くあったので、あなたと同じでした。

 

特に、息子が不登校・ひきこもりになってからは、自己否定の塊で・・・

 

唯一、自分の存在価値を見い出していた子育てで失敗してしまった、と当時は思っていたからです。

 

そんな私には生きてる価値も無い、と・・・

 

それ位、息子のことはその頃の私にとって大打撃でした><

 

実際友達に、「私は自分のことがキライだから…」なんて言って困らせたこともありました。

 

そして・・・泣いて( ;∀;)

 

そうかと思うと、今度はそんな自分を責めまくる。

 

友達も、苦しむ私をどうしていいか分からず悩ませてしまっていたと思います><

 

あなたも、私のように悩んでいるのでしょうか?

 

それでは、苦しいままですよね。

 

そこで今日は、自分を好きになれなくて悩んでいる時の対処法についてお伝えしていきます。

 

 

自分を好きになれない理由

 

あなたが自分のことを好きになれない理由は、なんだと思いますか?

 

それは、あなたが自分で自分にダメ出しをしてしまうからです><

 

これでもか、これでもか・・・と。

 

実はあなたの中には、誰よりも厳しい裁判官が潜んでいて、あなたを監視しているのです(-_-;)

 

そして、その裁判官は、いつもあなたが頑張ることを求めて来ます。

 

でもそれは、決してあなたのせいではありません。

 

では、なぜあなたの中には厳しい裁判官がいるのでしょうか?

 

もちろん、あなただけにこの裁判官がいるのではありません。

 

私たちの多くは、自分の中に裁判官を抱えているのです><

 

それは、生まれてからずっと、周りから受けてきたさまざまな言葉や態度・・・

 

それらによって培ってきた価値観で、自分を縛っているからなのです。

 

それって、いわゆる『世間のものさし』とか『世間のふつう』『常識』というもの。

 

ちなみにあなたは、自分の中にいる裁判官から、こんな風に言われていませんか?

 

「何をなまけているんだ!」

 

「しっかりやらないとダメだろ!」

 

「もっと真剣にやるんだ!」

 

「そんなことでどうする!」

 

「もっと、もっと・・・」

 

これでは、苦しいはずですよね。。。

 

私たちは、成長する中でたくさんのことを学びながら、大人になっていく訳です。

 

その時、出来ないところを指摘され、注意され、怒られる。

 

そんな経験が、とても多くなかったですか?

 

そんな辛い経験を、私たちは積み重ねてきているのです><

 

なぜか出来てることは、それが当たり前という前提があって・・・

 

だから、出来ないことに関してばかり、出来るようにがんばりなさいと怒られるわけです><

 

あなたは、どうでしたか?

 

出来ないところばかりを、がんばりなさいと言われ続けていませんでしたか?

 

「出来ない、出来ない」

 

「だめ、だめ」

 

と、否定され続ける自分のことを、好きになれないのも当たり前。

 

長い間ずっと、こんな生活を続けていれば、自分で自分を責めてしまうのも仕方ないですよね。

 

そして、子どもの頃は周りの大人たちから言われていたダメ出しを、だんだん自分自身でやるようになっていく。

 

それが、あなたの中にいる厳しい裁判官><

 

日々、そうして裁判官に責め立てられ、否定されている自分を好きになるのは、本当に難しいことですよね。

 

【参考記事】

子どもの不登校・ひきこもりと自己肯定感の関連性

 

 

自分を好きになれなくて悩んでいる時の対処法

 

それではここから、自分を好きになれなくて悩んでいる時の対処法を、2つお伝えしていきます。

 

自分を好きになれないことを受け容れる

 

まず1つ目は、自分を好きになれないことを受け容れることです。

 

今、『自己肯定感を高めることが大切』とか、『自分を好きになることが大切』などと、耳にする機会が多くなっていますよね。

 

もちろん私自身も、実際このブログに関連記事をいろいろと書いています。

 

ものすごく、大切なことなのです。

 

だからこそ、自分が好きになれないとダメだと感じてしまうのですよね?

 

そんな自分ではいけない、と自分を追い詰めてしまうのですよね?

 

でも、だからといって、自分を責めて苦しむようでは本末転倒><

 

だって、それを知識として理解することと、出来ることってやっぱり違うのだから(;’∀’)

 

頭で理解したからといって、すぐに出来るわけではありません。

 

たとえば、鉄棒や縄跳びの練習・・・

 

これなどは、本当にスキルの問題なので、成果もとてもよく分かりやすいですね。

 

昨日は縄跳び連続88回だったけど、今日は100回飛べたぞ♪って感じで・・・

 

ところが、『自分を好きになる』とか『自己肯定感を高める』というのは、目に見えません。

 

だから、難しい><

 

ここが、大きなポイントです。

 

自分を好きになることや自己肯定感を高めることの大切さはわかっていても、なかなかうまくできない。

 

だったらまずは、そんな自分を受け容れればいいんです(*^^*)

 

それで、大丈夫です^^

 

自分を好きになることができない自分を、そのまま丸ごと受け容れてあげてくださいね。

 

「自分を好きにならないといけない」

 

「自己肯定感を高めないといけない」

 

と思えば思うほど、苦しくなっていくだけ><

 

だからあなたは、このように自分に言葉をかけてあげてくださいね^^

 

「今私は、自分を好きになれない自分を、丸ごと受け容れます」

 

「今は、自分を好きになれなくても大丈夫」

 

 

自分はそのままで大切な存在だと認める

 

2つ目は、自分はそのままで大切な存在だと認めることです。

 

あなたは、いろんな奇跡が重なってこの世に生まれてきた、とても大切な存在なのです。

 

そのことが、本当に腑に落ちる感動的な話を先日聞いたので、あなたにもお伝えしますね。

 

それは、あなたのご先祖様(親)の数を数えること^^

 

まず、あなたがこの世に生を受けました。

 

そのあなたが、この世に生きる縁をくれた両親(2人)。

 

その両親に、生きる縁をくれたそれぞれの両親(4人)。

 

この人達は、あなたから見ればおじいちゃん・おばあちゃんですね。

 

さらにその祖父母の両親、つまりあなたのひいおじいちゃん・ひいおばあちゃん。

 

ここではまだ、8人です。

 

ところが、こうやって数えていって、10代遡ると1,024人!

 

30代遡ると、1,073,741,824人になるそうです(*^^*)

 

一瞬見ただけでは、単位が分かりません(;’∀’)

 

これって、すごくないですか?

 

この数字・・・びっくりですよね!

 

だって、もし、この中のたった1人でも欠けたとしたら、その先は続かないわけです。

 

ということは、もし、たった1人でも欠けていたら・・・

 

あなたは、この世に生まれてきてはいない、ということになるのです。

 

こうやって、具体的に数字でみると、私たちがこの世に生を受けたことってすごいことなんだなぁと、私は改めて感動しました^^

 

あなたは、どうでしょうか?

 

こんな奇跡のようなご縁の巡り合わせによって、あなたは今ここに生かされているのです。

 

本当に、すごいですよね^^

 

だから・・・

 

あなたがこの世に生まれてきたこと。

 

それがまさに、あなたの存在を全肯定しているのだということを、ちゃんと覚えておいてください。

 

誰がなんと言おうと・・・

 

そして、あなた自身が自分について、どのように感じていようとも、あなたが大切な存在であるということは、揺るぎのない事実なのです。

 

あなたが、この世界に生まれてきたことがその何よりの証拠(*^^*)

 

だからこの世の誰でもなく、あなた自身があなたの存在をまずは認めてあげて下さいね。

 

そしてそれを、自分にちゃんと伝えてあげてください。

 

「わたしは、出来る自分も出来ない自分も、良い自分も悪い自分も、どんな自分も認めます(*^^*)」

 

いかがでしょうか?

 

今日は、自分を好きになれなくて悩んでいる時の対処法についてお伝えしてきました。

 

今の日本では「自分のことが大好き♪」と、心から言える人の方が、おそらく少数派なのではないかなと感じています。

 

だから、自分が好きになれないという悩みを抱えている人は、とても多いのではないでしょうか。

 

でもあなたはもう、大丈夫です(*^^*)

 

あなたを苦しめてきたのは、『世間のものさし』とか『世間のふつう』『常識』という価値観や考え方。

 

もうあなたは、幼い子どもではなく大人ですよね。

 

以前のように、親の保護の元でしか生きられなかったあなたではありません^^

 

今まで植え付けられてきた価値観や思い込みなどを、もう自分の意思で手放すことができるんです。

 

今、自分の中にある価値観や思い込みが、本当に自分にとって正しいのかどうか・・・

 

自分にとって必要なのかどうか・・・

 

それを一度、しっかり考えてみてくださいね。

 

あなたが1日も早く、自分を好きになれないという悩みから解放されることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、自分を好きになれなくて辛いという悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です