ひきこもる前の子どもに戻って欲しいと願うことの意味

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

 

このブログを読んでいただいているということは、あなたのお子さんはひきこもりの状態なのでしょうか?

 

そして、あなたは「ひきこもる前の、元気なお子さんに戻ってほしい」と願う日々を、送っているのかも知れませんね。

 

私の息子も高校1年の時に不登校になり、高校2年で退学><

 

結果的には、5年以上のひきこもり状態にあったので、あなたの気持ちがとてもよく分かります。

 

まさか我が子が、不登校になるなんて・・・

 

まさか我が子が、ひきこもるなんて・・・

 

当時の私は、想像もしていませんでした。

 

まさに、頭を金づちで殴られたような衝撃!

 

あなたも、そうですよね。

 

きっとあなたは、今不安でいっぱいだと思います。

 

先のことを考えると、モクモクとわいてくる心配に、覆い尽くされそうな感じではないでしょうか。

 

ひきこもる前のお子さんに戻ってほしい、と願うこと。

 

私も長い間、この思いに縛られていて苦しい思いをしてきたからこそ分かります。

 

でも、だからこそその意味を、あなたにしっかりと理解してほしいのです。

 

そこで今日は、ひきこもる前の子どもに戻って欲しいと願うことの意味というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

子どもがひきこもってしまったのはなぜか

 

それでは、元気だったあなたのお子さんがひきこもってしまったのは、どうしてなのでしょうか?

 

もちろん、ひきこもる理由としては、さまざまなものがあります。

 

そしてそれは1つではなく、複合的に絡み合い、ケースバイケースで違っていますよね。

 

だからあなたのお子さんには、あなたのお子さんにとってのさまざまな背景があるはずです。

 

その中でもここでは、お子さんを心配しているあなた自身に関わることを、お伝えしていきます。

 

お子さんがひきこもってしまった背景の1つ。

 

それは、親のコントロール下に置かれて、自分の意志や気持ちを抑え込み、疲れ切ってしまったから><

 

あなたは今まで、一生懸命お子さんをいい子に育てようと頑張ってきたのだと思います。

 

本当に真面目に、子育てに取り組んできたのですよね^^

 

だからこそ、こうしてひきこもっている我が子のことを心配し、何とかしようとこのブログにたどり着いたのだと思います。

 

でもある意味、その真面目さがお子さんとの関わりにも表れて、この現状の一つの背景になっているとも言えるのです(-_-;)

 

あなたが、一生懸命に子育てに向き合ってきたこと。

 

それが結果として、もしかしたらお子さんに対して、過保護・過干渉になってしまっていたのかも知れません。

 

ということは、お子さんに対してつい口出しをして、つい命令をして・・・

 

それが我が子のためになる。

 

だから、良かれと思って・・・

 

ということだったと思いますが、それが実はお子さんをコントロールすることになっていた・・・

 

その可能性が、あるのです。

 

そしてお子さんは、大好きな親に喜んでもらうために自分を捨てて頑張ってしまう。

 

私がまさに、そういう子育てをしてきました><

 

あなたももしそうだとしたら、お子さんはどんな状態になると思いますか?

 

自分で考えることができなくなり、自分の気持ちがわからなくなる。

 

そして、親の言いなりになっていく。

 

そうすると、極端なたとえですが・・・

 

本来の自分ではなく、親の命令通りに動く人形のようになってしまうとは思いませんか?

 

そしてもしあなたがこんな状態に置かれたとしたら、どうなるでしょうか?

 

ここで必要なのが、お子さんの立場になって想像することです。

 

何かのきっかけで、自信を失ってしまう・・・

 

特に思い当たるようなきっかけが無かったとしても、徐々に疲れ切ってしまう・・・

 

スイッチが切れてしまう・・・

 

エネルギーが無くなってしまう・・・

 

そんな状態になって、動けなくなっていったのです。

 

そうすると、じっとそこにひきこもるしかありませんよね><

 

だって、動く気力がないのだから・・・

 

【参考記事】

子どもを黙って見守る方法

 

 

ひきこもる前の子どもに戻って欲しいと願うことの意味

 

それでは、ひきこもる前の子どもに戻ってほしいと願うことは、何を意味しているのでしょうか?

 

それは、お子さんの意志や気持ちよりも、親であるあなたの価値観や意向を優先した子育てをしていた頃に戻りたい、ということです。

 

1章にも書きましたが、ひきこもる前のお子さんは、大好きな親の言うことを聞く良い子を、一生懸命演じていたのです。

 

でもそれは、お子さんが、親のコントロールのもとで苦しんでいる状態。

 

つまり、お子さんが、本来の自分ではいられなかったということです。

 

だからこそ、ひきこもりになるまで追い詰められてしまった><

 

これではお子さんはいつまでも、自分の意思や気持ちを抑え込み、疲れ切ったまま・・・

 

そして、これではいつまでたっても、ひきこもりが続いてしまう可能性が高いのです。

 

ある意味、あなたにとっては、コントロールの利く良い子の状態ですよね。

 

だけどお子さんにとって、それが苦しいからこそ、今、ひきこもりの状態にあるわけです。

 

そして、あなたの願いは一体何だったでしょうか?

 

そこをしっかり、思い出してください。

 

あなたは、お子さんが元気を取り戻して欲しいと願っているのではありませんか?

 

あなたは、お子さんがひきこもりから抜け出してほしいと願っているのではありませんか?

 

そうだとしたら、あなたはどうしたらいいのでしょうか?

 

今、ひきこもっているお子さんは、以前の親の言うことを聞く素直な良い子を演じていた自分から、脱皮しようと頑張っている。

 

そんな、さなぎのような状態にあると考えてみて下さい。

 

さなぎって、実は中身がドロドロなんだそうですよ(;^_^A

 

【参考】蛹(さなぎ)

 ※出典:wikipedia

 

あなたのお子さんも、今の状態はさなぎのようにドロドロになるくらい、苦しんでいるように感じませんか?

 

でも、たとえば・・・

 

あお虫はさなぎから、やがてきれいな蝶に成長しますよね^^

 

そして、大空へと元気に羽ばたいていく(*^^*)

 

ほら、あなたのお子さんと、重なって見えてきませんか?

 

以前の、あなたの言うことを良く聞く、良い子のお子さんが幼虫時代のあお虫で・・・

 

今のひきこもりというさなぎの状態を経て、本来の自分という未来に向かって成長していく。

 

そして、やがてあなたのお子さんも、蝶のように自由に自分の生き方を見つけるのです。

 

今は、じっくりとその過程を過ごしていると考えてみてみませんか?

 

そのために、今のお子さんに必要なこと。

 

それは、ひきこもる前の子どもに戻ってほしいと願うことではありません。

 

自分の気に入るような良い子にするために、過保護・過干渉でコントロールをすることを、あなたが手放していくことなのです。

 

いかがでしょうか?

 

今日は、ひきこもる前の子どもに戻って欲しいと願うことの意味というテーマでお伝えしてきました。

 

今回のブログを読んで、もしかしたらあなたは、自分の子育てを責めてしまっているかもしれませんね(-_-;)

 

だけど、その時その時であなたは一生懸命考えて、お子さんにとって1番良い方法と信じて子育てをやってきたはずです^^

 

だから、決して自分を責めたりしないでください。

 

【参考記事】

子どもがひきこもりになって自分の子育てを後悔していませんか?

 

そして、もしそのやり方が間違っていたかも知れないと感じたら、その時に方向を変えていく勇気を持つことが大切です。

 

私たちが変えていけるのは、自分のことだけです。

 

でもそれが、あなたの未来までも変えていくのです(*^^*)

 

実は、視点を変えてみると、お子さんの苦しみは、ジェンダーによる理想の母親像に縛られて苦しんでいるあなたと同じなのです><

 

だからあなたは、こうしてひきこもりのお子さんと向き合っている自分を、責めるのではなく、逆に褒めてあげてくださいね。

 

あなたも、苦しかったはずなのです・・・

 

そして今も、苦しんでいるのですよね><

 

このように、ジェンダーの視点でひきこもりという悩みに切り込んでいくのが、ほかのカウンセリングにはない、チェンジング・カウンセリング独自の特徴です。

 

あなたももっと、ジェンダーの視点について学んでみませんか?

 

無料でメルマガ講座を配信していますので、ジェンダーの視点に興味があれば、ぜひご登録くださいね(*^^*)

 

『チェンジング・カウンセリング』無料メール講座

 

【参考記事】

チェンジング・カウンセリングのカリキュラムの内容とは?

チェンジング・カウンセリングがあなたに必要な理由

チェンジング・カウンセリングとは何か?その全体像とは?

 

あなたが1日も早く、ひきこもりという悩みから解放されることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、ひきこもりという悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です