ひきこもりの息子に対する、私のまなざしの変化

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

 

このブログを読んでいただいているということは、あなたにはひきこもりの息子さんがいらっしゃるのでしょうか?

 

あなたの息子さんは、何歳ですか?

 

どれぐらいの期間、ひきこもりの状態なんですか?

 

心配ですね><

 

私の息子は、高校1年の夏休み明けから学校に行き辛くなり、結局高2の学年末に退学。

 

所属がなくなり、5年以上のひきこもり状態が続いたのです。

 

でも、その後、アルバイト、専門学校、そして社会人へと、段階を経ながら少しずつ成長していきました。

 

実は、私の中で息子へのまなざしは、さまざまな学びを深めるににつれて、大きく変わっていきました。

 

そして、そのことも、息子のひきこもり解消のための、大きな支えになっていたのではないかと感じています。

 

そこで今日は、「ひきこもりの息子に対する、私のまなざしの変化」というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

ひきこもりの息子に対する、私のまなざしの変化

 

それでは息子に対して、私がどのようなまなざしを向けていたのか・・・

 

その変化について、3期に分けてお伝えしていきたいと思います。

 

【参考記事】

ひきこもりという悩みで苦しみ続ける理由

 

 

不登校~ひきこもり初期

 

まずは、不登校~ひきこもり初期です。

 

この頃、「息子は何か病気なのではないか」と、私は考えていました。

 

その病気によって息子は学校に行き辛くなり、不登校からひきこもりになっていったのだと・・・

 

だから、息子の病気が治れば、全てがまた元通りになると信じていました。

 

私は自分のことを、ただ『息子を病院に連れて行ったり、治療をしたりするのをサポートする役割』と考えていたのです。

 

と言うことは、私にとって息子は『問題を抱えた私を困らせる存在』だったわけです(-_-;)

 

となると、私の息子に対する態度ってどうだったと思いますか?

 

きっと、あなたにも想像がつくと思いますが・・・

 

『監視』

 

まさに、これでした。

 

不安や心配で、いつも息子の様子を監視していたのです><

 

もしかしたら、今のあなたはお子さんのことを、この頃の私のように『問題を抱えた自分を困らせる存在』と思って、監視していませんか?

 

 

ひきこもり中期

 

次に、ひきこもり中期はどうだったでしょうか。

 

息子は、どれだけ私が手を尽くしても・・・

 

彼自身の

 

「動きたい」

 

「動く」

 

という意思がなければ、動かないということを、やっと理解出来た頃です。

 

そして、初めて現実を客観的に見ることが出来ました。

 

つまり、息子のことは息子自身が考えるべきことであり、私にできるのは私自身に関わることのみ。

 

そんな、ごく当たり前のことにやっと気付いたのです。

 

いくら私の子どもだからといって、息子は私の所有物ではない><

 

私の思い通りに、息子を動かすことは出来ない。

 

息子には、息子独自の意志や思考や考え方、感じ方がある。

 

このことが、ようやく分かりました。

 

それを、しっかり認めること。

 

そして、やっと私は『息子は私とはちがう存在』として、切り離して見ることが出来るようになったのです。

 

 

ひきこもり後期

 

最後に、ひきこもり後期です。

 

この頃になると、私たち家族は息子のことを・・・

 

『座敷童子(ざしきわらし)』を短くした『わらしちゃん』と、こっそり呼ぶようになりました(*^^*)

 

ところで、ざしきわらしって何のことだか、あなたは知っていますか?

 

【参考】座敷童子

  ※出典:wikipedia

 

私たち家族は、息子が家を守ってくれているという意味で、息子のことを『わらしちゃん』と呼んでいたのです^^

 

私が息子のことを『わらしちゃん』と思えるようになった理由。

 

それこそが、『息子は私とはちがう存在』ということが分かったから・・・

 

そこを理解することが出来て、私は初めて息子の不登校・ひきこもりという問題を、私自身の課題として受け止めることができました。

 

そして、不登校・ひきこもりを大きな問題として捉えている、私自身の考え方や価値観。

 

そこに、少しずつメスを入れることになっていったのです。

 

そうすると、私の中には過剰に

 

『世間の普通』とか

 

『当たり前』とか

 

『常識』といった言葉に、縛られてしまう思考回路が見つかりました><

 

そこに、気付いたから・・・

 

なぁんだ~(;’∀’)

 

問題は、私の偏り過ぎの価値観や考え方だったんだ!

 

と分かり・・・

 

そして私は、ひきこもりの息子を「これでいいんだ」と思えたのです。

 

ひきこもりであっても、息子は息子ということ。

 

こんなにガンコな私でも、気付けたことで変われました^^

 

だからこそ、ひきこもりの息子を、丸ごと受け容れることが出来たのです(*^^*)

 

今の日本では、本当にみんなと同じことをやるのが良いことのように考えられています。

 

だから、そこから外れると、大きな不利益を被ったりするわけですよね><

 

そして、それが怖いからこそ、『みんなと同じ』を選ぼうとするのです。

 

その方が安心だから・・・

 

だけどそれが結局、自分の生き辛さにつながっているとしたら、どうでしょうか?

 

そこに居続けるために自分を抑えることが、あなたの笑顔につながるのでしょうか?

 

それであなたの息子さんも、幸せになれるのでしょうか?

 

自分の『当たり前』に疑問を持ってみる。

 

これが、とても大切なことなのです。

 

このように、ものの考え方や価値観を振り返りながら、行動に変えていくのがチェンジング・カウンセリング独自の特徴です。

 

あなたも、なりたい自分への道を歩き出してみませんか?

 

そのためのあなたの最初のいっぽとして、無料でメルマガ講座を配信していますので、ぜひご登録くださいね(*^^*)

 

『チェンジング・カウンセリング』無料メール講座

 

【参考記事】

チェンジング・カウンセリングのカリキュラムの内容とは?

チェンジング・カウンセリングがあなたに必要な理由

チェンジング・カウンセリングとは何か?その全体像とは?

 

いかがでしょうか?

 

今日は、「ひきこもりの息子に対する、私のまなざしの変化」というテーマでお伝えしてきました。

 

文章にすると、たったこれだけの文字数で書けちゃいますね(;’∀’)

 

だけど、ここに書いたプロセスを進むのに、私はどれだけ涙を流してきたことでしょう。

 

泣きながら・・・

 

苦しみながら・・・

 

立ち止まりながら・・・

 

うつむきながら・・・

 

本当に、辛い日々でした><

 

行ったり、来たり。

 

これで良いのか、だめなのか?

 

やめたほうがいいのか、続けたほうがいいのか?

 

全てが不安で、全てが絶望でしかなかった時期も、ありました><

 

そんな時を、1日・・・また1日とやり過ごしながら、やっと見つけた境地が、座敷童子だったのです^^

 

そして不思議なことに、『家を守ってくれるわらしちゃん』

 

私が息子のことを、そう思えるようになる頃に、彼はひきこもりから抜け出していました(*^^*)

 

そして、本当に私に、笑顔と幸せをもたらしてくれたのです^^

 

だから今、チェンジングカウンセラーをしている私がいます。

 

もしかしたら、あなたにも今まさに、そのチャンスが来ているのかもしれませんね^^

 

あなたは、心の底から息子さんの笑顔を見たいと思っていますよね・・・

 

さぁ、ここからどう進むかは、あなた次第です(*^^*)

 

あなたにとって、今の息子さんはどんな存在ですか?

 

あなたの息子さんに対するまなざしは、どんな感じでしょうか?

 

あなたが1日も早く、ひきこもりという悩みから解放されることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、ひきこもりという悩みで苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です