『わたしとなかよし』をあなたのバイブルに♪

 

こんにちは。

 

《40代、50代女性専門》

ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導いていく

チェンジングカウンセラー®の平井いずみです。

 

今日は、私からあなたへ

おすすめの絵本を1冊ご紹介したいと思います。

 

あなたは、『自分を大事にする』ということを

意識しているでしょうか?

 

そして、日常の生活の中で

自分のことを大事にするための時間を

しっかりと取っているでしょうか?

 

実は私たち女性の多くは、成長する中で、

自分以外の誰かのために

ケア役割をになうことを刷り込まれながら

育てられてきています。

 

そのため、どうしても

自分自身のことが一番後回しになってしまう><

 

つまり、

自分をおろそかにしてしまっている方が、

とても多いのではないでしょうか。

 

もちろん、無意識に・・・

 

知らず知らずのうちに、

そんな生活を送っているというパターンです。

 

そして、心身ともに疲れ切ってしまう><

 

実際に、今まで私が相談を受けて来た方々のほとんどが、

そのような状況にあります。

 

そして、自分を大事にするって

どういうことだか分からない><

 

何をしていいのか分からない・・・

 

そんな状態が、多々見受けられるのです。

 

もちろん、私自身もそうでした(-_-;)

 

あなたはどうですか?

 

もし今、あなたがそんな状況にあるなら

あなたにお勧めしたい絵本があります^^

 

そこで今日は、

『わたしとなかよし』

という絵本をご紹介していきます。

 

       【書籍版】

わたしとなかよし [ ナンシー・カールソン ]

価格:1,430円
(2020/8/11 00:08時点)
感想(9件)

 

この絵本に書かれている内容とは

 

それでは、まず

この絵本に書かれている内容について、

お伝えしていきます。

 

この絵本の主人公は、

表紙を見れば分かる通り、

かわいい笑顔が印象的な子ぶたの女の子^^

 

絵本なので、文字数は、

数えようと思えば数えられちゃうくらい

少ないですね。

 

でもその少ない文字を、

補ってあまりあるのが絵の存在なのです。

 

カラフルで素敵なたくさんの絵が、

女の子のこころをしっかりと映し出していて・・・^^

 

この文字と絵のコラボレーションによって、

主人公が、いろんな出来事が起こる日々の中で

自分を大事にしながら、

自分らしく生きている様子が

ていねいに描かれています。

 

それが、本当に分かりやすく表現されている言葉を

ちょっと、ご紹介してみましょう。

 

自分を すきでいること 大事にすることの たいせつさを 伝える絵本

【出典:わたしとなかよし 帯から抜粋】

 

帯には、このように書かれています。

 

まさに、この言葉こそが、

この絵本の醍醐味(*^^*)

 

生きていれば、良いことばかりではありません。

 

転んだって、

失敗したって、

元気が出なくたって・・・

 

わたしがいるから大丈夫。

 

いつもわたしのそばには

わたしがいる。

 

わたしはひとりぼっちではないよと

教えてくれています^^

 

 

『わたしとなかよし』をあなたのバイブルに♪

 

本来、私たちは、

『幸せになる権利』を

その手に、ギュッと握り締めて、

みんな生まれてくるんですね。

 

ところが、成長するに従って、

徐々にそれを忘れていってしまう(-_-;)

 

そして、他の人と比べては自分を卑下したり、

出来ないことを責めては自分を苦しめてみたり・・・

 

そんなことをしながら、

だんだん自分を嫌いになって、

自分に自信がなくなっていくのです。

 

そして、自己否定の渦に陥ってしまう><

 

でも、私たちは

一人ひとりが、みんなちがう存在。

 

出来ることも

出来ないこともあって当たり前。

 

だからこそ、私たちは

協力し合い、

支え合い、

助け合って生きていくのです。

 

実は私、この本の存在を知った時、

まさに、自分を大事にすることを忘れた大人にこそ

この本を知って欲しいと、強く感じました。

 

だからその後、すぐに自分で本を買い、

仕事の時には持ち歩き・・・

 

面接だったり、

研修だったりの場で

必要に応じて読み聞かせをすることで

セルフケアの原点を感じていただく

きっかけにしています。

 

このように、

長い間、実際に私が活用しているのが

この絵本。

 

読み聞かせをした方たちの中には、

ご自分でも

「自分のために買い求めて眺めています」

と報告してくれる方も、少なくありません^^

 

特に、私たち昭和世代の女性には

自分を大事にするっていう思考自体が

もともと無いのではないかと感じています。

 

だって、私たちは

誰かのケア役割を期待されて、育っているから(-_-;)

 

妻だったら・・・

母親だったら・・・

〇〇だったら・・・

自分を犠牲にしてでも尽くすのが

女性のあるべき姿。

 

こんな価値観に

がんじがらめに縛られて、

苦しんでいる人が

たくさんいらっしゃるという現実><

 

あなたの意識のどこかにも

もしかしたら

埋め込まれているかも知れません><

 

でも、大切なのは順番。

 

まずは、自分から。

 

誰かの世話をするよりも・・・

 

自分に余裕があること、

自分を大事にすることが先だったのです。

 

そこをすっ飛ばしたままで

心身ともに疲れ切った状態で、さまざまなことを抱え込み、

苦しむ女性が増えているのだと、私は感じています。

 

あなたは、どうですか?

 

まずは、

セルフケア^^

 

これを、合言葉にしてみませんか?

 

そのために

『わたしとなかよし』を

あなたもバイブルに♪

 

 

【参考記事】

自分らしく生きるために必要なジェンダーの視点

心にぽっかり穴があいてやる気が出ないならジェンダーの視点を

 

いかがでしょうか?

 

今日は、

『わたしとなかよし』という絵本を

ご紹介してきました。

 

私たちは、『絵本』は子どものためのもの

と、思い込んでしまっていますよね。

 

だから、子ども達に読み聞かせはするけれど、

自分にとっては関係ないもの、と考えがち。

 

ところがそうではなく、

苦しいこと、楽しいこと、辛いこと、嬉しいこと・・・

 

そんなさまざまな経験を、

積み重ねた大人になって読むからこそ、

 

胸に響くこと、

気付くこと、

学べること・・・

 

それらがまた、

とても多くあるのだと感じています。

 

もし、今あなたが

心身ともに疲れ切っているのなら、

何もしたくないくらい、落ち込んでいるのなら、

 

そんな時ほど、ほんの3分で大丈夫。

 

あなたも、『わたしとなかよし』を手に取って

絵本の世界を楽しんでみませんか?

 

もしかしたら、

想像以上に、あなたのこころを

癒してくれるかもしれません^^

 

このように、

性別というジェンダーの視点で悩みに切り込み、

ものの考え方や価値観を振り返りながら、

行動を変えていくのが

チェンジング・カウンセリング®独自の特徴です。

 

あなたも、あなたの抱えている悩みの解消に、

チェンジング・カウンセリング®を取り入れてみませんか?

『チェンジング・カウンセリング®』無料メール講座

『チェンジング・カウンセリング®』料金メニュー

 

【参考記事】

チェンジング・カウンセリング®のカリキュラムの内容とは?

チェンジング・カウンセリング®があなたに必要な理由

チェンジング・カウンセリング®とは何か?その全体像とは?

 

あなたが1日も早く、

自分を大事に出来ないという悩みから

解放されることを願っています。

 

いつでも私は、あなたを応援しています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

~あなたが、自分を大事に出来なくて苦しんでいるなら『チェンジング・カウンセリング』がお役に立てると思います~

 

この記事を書いた人

『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみ
『カウンセリングルーム いっぽ』代表 平井いずみチェンジングカウンセラー
~ひきこもりという悩みをチャンスに変えてなりたい自分へと導いていく~
《40代、50代女性専門》チェンジングカウンセラーの平井いずみです。

現在、鹿児島県在住。インターネットを中心に活動していますが、時々屋久島に出没します。

ジェンダーという視点で、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分へと導く

ひきこもりという悩みで苦しんでいる
40代・50代女性のあなたへ

あなたのひきこもりという悩みは、お子さんやご家族がひきこもっているからでしょうか?それとも、ご自身がひきこもっているということでしょうか?

ひきこもりという悩みから抜け出すには、どちらの場合においても、まず自分自身が自由になることが必要です。そして、そのために大切な視点が「ジェンダー」です。あなたもジェンダーの視点から、ひきこもりという悩みをチャンスに変えて、なりたい自分を目指していくための方法を学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です